台湾生活
永晶ホームページ
永晶
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
社員・アルバイト募集中!
東京都世田谷区池尻世田谷ものづくり学校
にあるデザイン事務所。
イラスト、WEBデザインを主に
行っています。
  • 株式会社アザイコミュニケーションズ
  • White Page
    自分で更新できる!ホームページ制作
    ちゃんと機能するホームページで
    WEBマーケティングをしっかりフォロー!
  • 東京都世田谷区 【三軒茶屋・池尻大橋】
    ホワイトページ (世田谷ものづくり学校内)
  • OTHERS
    品墨メンバーと陽明山
     
    台湾では水曜日を「小週末」と呼んで、
    遊びにいくことが多いみたい。
    以前も水曜日の午後に、木工教室に行ったりしたでしょう。
    今日はその水曜日。午後みんなで陽明山に行く予定。
    快晴。山日和。

    しかし昼に雷、大雨が降ってきた。


    でも心配ないわ。こういう雨はすぐやむもの。

    昼ごはんを食べ終わると、アニタが来た。
    アニタは土日だけお店にいる。平日は別の仕事をしているわ。

    そして別れが近い私にプレゼントをくれた。

    なんてかわいいのかしら。糊。

    ビール用グラス。
    台湾啤酒じゃなくてごめんねって言ってた。

    お椀。

    あと台湾の昔ながらの歯ブラシ。

    感動よ。アニタとは台湾に来てから2回しか会っていない。
    よく月曜日に出勤すると、アニタからの置き手紙があったから
    もっと会っている気がした。
    こんなによくしてもらっていいのかしら?

    大事に使わせてもらうわ。

    3時にお店を閉めて、出発。



    小亨利さん、王さんの奥さんと子供たち、総勢15人。
    車は2台。15人がなんとか2台の車に乗ったのよ。
    ぎゅうぎゅう。


    着いた!
    すっごくいい天気。

    以前太極拳の先生に連れてきてもらったことがあったけど、
    雨だし寒いし、とても景色を楽しむ感じではなかったわ。
    ただ山の上のレストランで食べた鍋が絶品だった。



    4時くらいになるけど、まだ日差しが強い。


    色の白い二人に日傘は必須。


    川の水が冷たくて気持ちがいい。
    ビーチサンダルでくればよかった。

    水蘊草。
    水の中では花を閉じ、水から顔を出し花を開く。


    王さんびしょ濡れ。





    ここでお金を払うと、ハサミを貸してくれて花を選んで持って帰れる。
    一面あじさい、カラーの花畑。











    王さん裸足に泥まみれ。


    ビーチサンダルが壊れたから。


    小亨利さんは前に転んだ傷がまだ痛々しいわ。


    王さんがハックに見えてきた。


    遠くの山が天国みたいに輝いている。


    ここで休憩。
    車で夕飯の店に向かったわ。


    素敵だなあ。



    よく子供に追いかけられる。


    ここが調理場。
    私が米袋に魅了されているのを見て、使い終わったものをくれた。
    おかみさんは台湾語を話している。
    私も台湾語を使った。
    中国語と台湾語は全然違う。
    ほんの少ししか知らないけど、知っててよかった。
    もっと勉強したくなっちゃった。
    若い人はあまり使っていないけど、おばさんおじさんたちは
    2つの言葉を交ぜて話しているのをよく耳にするわ。




    台北が一望できる。


    ご飯が出てきた!


    どれもすごくおいしい。


    スープは自分で。
    じゃがいものスープ。黒砂糖をトッピングする。



    コーラとアップルサイダーで乾杯。

    王さんと小亨利さんが私のモノマネをし始めた。
    「ウォー」、「ルーグォー」
    のろまみたいな声で。
    驚いたことは、私の親戚のあゆみさんがよく私のマネをするけれど、
    それと全く同じだったのよ。
    人の印象は言葉も国も関係ないのね。

    それ以来、なんかよくマネされるようになってしまった。
    中国語の言い方がおかしのだわきっと。

    いじわるだな!と私が怒っていると、
    アール姐さんが突然大きな包みを渡してきた。

    手作りバッグとルームシューズ!
    私が台湾の布が好きなのを知っていて、わざわざ
    その布で特別に作ってくれた。
    とても感動した。
    さらに中を見ると、「晶子」って刺繍がしてある。

    「泣くか?泣く!泣く!」
    みんなに一斉に言われた。けど泣かなかったわ。我慢よ。


    アール姐さん、本当にありがとう。
    一生大事に使います。


    食後、小亨利探検隊が始まった。
    川の中、岩の上、どこでも突入。


    こんなでっかいカエルを捕まえたわ。


    このヌメヌメをお肌に塗ると言ってるわ。
    放した後、その手で私の顔を触ろうとするチアリンに追いかけ回された。


    道路の上で休憩。


    車が来るたび、
    「くるまーーー!」と誰かが叫び、みんな起き上がる。

    全員道路でゴロゴロしていた。
    なかなかできない体験だわね。











    | お出かけ | 16:26 | comments(2) | - |
    台中最終日
     
    今日の起床時間は11時。夜更かししたからね。

    香港ジャッキーが起きてきて
    「なぜ昨日起こしてくれなかったんだ!僕もゲームしたかった!」
    と騒いでいる。

    みんな用意が早いったらないわ。
    誰も寝グセがついていない。
    私の寝グセを見て、「アキコ・・・」ウェイシュエンが絶句よ。



    宿の前で道の確認。これから博物館に行く予定。


    夜もよかったけど、昼のバイクも気持ちがいいものね。



    博物館に着くと、仕事中のジアホア姐さんが出迎えてくれた。
    そして出入り自由のハンコをみんなの手に押してくれたわ。

    自然科学博物館は、スペースシアター、科学センター、生命科学ホール、
    人類文化ホール、地球環境ホール、植物園などのエリアがあり
    1日ではまわりきれないほど大きい。


    とりあえず腹ごしらえ。


    博物館内のレストラン。


    素食セット。
    付いてるお茶はやはり甘い。イレブンが自分の水を入れて薄めてくれた。

    麺もおいしそう。


    地球環境ホールからスタート。


    この蛇は本物。でっかい。






    遠くから「アキコが好きそうな画だよ!」との声。


    閻魔大王の画。

    みんなすっかり私のことを把握してくれている。
    街中でも、私の好きな色、好きな柄、見つけるとすぐ呼んでくれる。


    太極拳、鍼灸、ツボの歴史なんかも展示されている。

    お札。


    これだけ多くの原住民が台湾にはいる。


    わあー。
    足元に水が流れる映像。すごいなあ。



    皇帝服のこの豪華な刺繍は


    こんな大きな織り機で二人掛かりで織っていたのね。
    驚き。


    ゴキブリ!

    このぎゅうぎゅう詰めの箱の前に、カメラが設置してあって
    コントローラーで操作しながら細部まで見ることができる。
    香港ジャッキーとここで長いこと楽しんだわ。




    たくさん見て回ったから、みんなお疲れ。
    荷物預かり所に戻ると、ジアホイ姐さんがみんなにお茶を用意してくれていた。



    イレブンは昔ここで働いていたんですって。
    昔の同僚に会えてとっても楽しそう。



    外に出るとまだ暑い。
    日曜日の夕方、人がたくさん。
    台北ほど高い建物が多くなく、空が広くて気持ちがいい。


    レンタルバイクを返却。


    台中で行ってみたかったのが「宮原眼科」。
    日本統治時代に開業してた宮原眼科の建物を、
    パイナップルケーキで有名な日の出グループが改装して
    お店にしたんですって。

    お店にはクッキーやチョコレート、お茶、パイナップルケーキ、
    いろいろなものが売っている。
    隣には宮原冰淇淋。アイス屋さん。大行列。



    天井が高くて素敵な店内。

    この箱ほしい。
    けど私の荷物はすでに一人では持ちきれないほどになっていたから諦めた。

    宮原アイス。

    おいしかった。
    上にパイナップルケーキがのっていたり、
    チーズケーキがのってたり。

    すっかり暗くなったし、台北に帰らなければ。
    もう9時過ぎていたわ。
    帰りのチケットは買っていない。

    バスで帰るチアリンと香港ジャッキーとはここでお別れ。
    私たちは高鐵(新幹線)に乗るために、台中駅から電車で新烏日駅へ。
    台中駅から高鐵は出てないらしい。


    新烏日まで15元(約51円)。


    新烏日で新幹線の自由席の切符を買う。
    台北まで675元(約2295円)。約1時間。

    バスだと3時間くらいかかる。
    台鐵(鉄道)だと2時間半くらい。

    自由席だからみんなバラバラ。
    混んでいたけど、座れたからよかった。


    10時36分、台北駅に到着。

    楽しい台中の旅だった。
    さよならトリップ。


    謝謝大家!









    | お出かけ | 01:08 | comments(0) | - |
    品墨メンバーと台中
     
    目が覚めたら昼の11時半だった。
    ホテルの朝ごはん間に合わなかったわ。


    天気予報では雨だったのに、今日も快晴。

    イレブンが日焼け止めを忘れたというから私のを貸した。
    するとまったく同じのが台湾にもあるけど、中身が全然違うというのよ。
    台湾のは匂いがあるし、こんなにサラサラしていないって。
    日本でたくさん買うって意気込んでいるわ。

    ホテルの庭。

    ジアホイ姐さんの車に乗り込み出発。
    私が鶏肉飯が大好きだと知って、おいしいお店に連れて行ってくれた。


    このお店の魯肉飯は肉の感じがちょっと違うわね。

    鶏肉飯(大)。
    40元(約136円)。台北だと80元(約272円)はするって。
    すごくすごくおいしい。

    暑いからミストが出てて気持ちがいい。


    食後に香港のレモンティー凍檸檬茶。
    注文するとレモンスライスをたくさん入れ、押しつぶす。


    最高においしい。さわやか。

    車でイレブン行きつけの洋服屋へ。
    住宅街の一角にその店はある。


    台中にはこんな感じの2階建ての家が多いんですって。


    試着して即買い。イレブンかわいい。


    VIP会員だから安くなるらしい。みんなで買い物。


    イレブンは早速買った服に着替え、出発。
    もう品墨のみんなが台中に到着しているころよ。

    イレブンおすすめのアイス屋でみんな待っていたわ。

    ほっとするメンバーね。


    アイス屋の並びにある生活商店。
    面白いものが山積み。



    知っている顔だと思ったら


    昨日のクリエイティブディレクタークオさんとばったり会った。
    ここのお店と仲がいいんですって。

    品墨のみんなは何も食べてないから腹ぺこ。
    レンタルバイクで出発。
    私とイレブンとジアホイ姐さんは車でGO。



    カフェでご飯。


    オーナーと香港ジャッキーは知り合いだそう。


    パニーニ。おいしそう。


    オーナーが犬を連れてきた。


    チェルシーをじっと見る。

    オーナーがみんなの年齢を当てることになったわ。
    香港ジャッキーもチェルシーも実年齢より7歳くらい年上に言われ
    かなりショックを受けていた。

    食後、むかいにある雑貨屋を見学。

    ほしい〜と言っている。

    かわいい❤
    値段は何万もした。忘れてしまったけど。


    ついに人生初、バイクに乗る時がきたわ。

    ヘルメットを装着!



    足はどこに置くとか、どこにつかまるとか、いまいちわからない。
    みんなからあれやこれやと指導を受けた。


    気持ちがいい!台湾でバイクの後ろに乗れるなんて、映画のよう。


    なんか香港ジャッキーのヘルメットだけ様子が違うわね。
    変身しそう。


    バイクを停め、ディープな路地に入って行った。
    路地の中央ではお葬式をしている。
    「阿彌陀佛、阿彌陀佛・・・」唱える声が響き渡る。


    ボードゲーム専門店があったり


    珈琲屋があったり


    アンティーク店があったり。

    10時過ぎくらいになってたかしら、今日の宿に向かうことにしたわ。
    イレブンは先に車で宿に行っている。
    私たちは道がわからないから、デービッドが携帯で地図を見ながら運転。
    道に迷って、かなり時間がかかった。
    デービッド疲れきってクタクタ。

    今日の宿は昨日のホテルとはかなり違う感じとは聞いていたけど、
    外観からして、ホテルではないわね。


    普通のマンション。



    ここに5人、下の階にもう一部屋借りていて、そこに2人。
    振り分けは適当。まだ決まっていない。
    香港ジャッキーが下に一人で泊まれ、って言われてる。


    台中で買ったものをみんなに見せた。
    香港ジャッキーに、また買い物したのか?!って怒られた。
    日本でも台湾でも同じようなことを言われるなあ。

    ひと休みして夜市にくり出した。
    台中の夜市はとっても大きいらしい。





    漁師の網バッグ。私もチアリンも毎日愛用しているわ。
    1つ40元か50元。
    初めてみるデザインがたくさんあったから、みんなで買いあさった。





    成龍。





    関東おでん。具は全然違う。スープも違う。



    好きな具を選ぶと、小さく切って出してくれる。

    夜中2時くらいに宿に戻った。
    みんなで順番に2部屋のシャワーを使ったわ。
    階が違うから、行ったり来たり。

    下の階の2人部屋は成金みたいですごい。



    金ぴかで優雅だわ。


    香港ジャッキーは早々に寝てしまった。
    起こしても起きない。
    なので一人置いて、みんなで上の階でゲーム。


    前にやったボードゲーム。
    駒とカードだけ持ってきたのね。
    ボードは紙で手作り。

    上がった人から寝ていいことになったわ。
    やっているうちに外が明るくなってきちゃった。
    「もうだめだ!」
    イレブンが叫び、寝ることに。


    今日も布団に入った瞬間に寝た。










    | お出かけ | 20:28 | comments(2) | - |
    二泊三日の台中旅行
     
    11時、忠孝復興駅でイレブンと待ち合わせ。
    今日から日曜日まで、台中に行くのよ。

    私とイレブンだけ金曜日に出発。
    ウェイシュエン、チアリン、デービッド、チェルシー、香港ジャッキーの5人は
    明日来ることになっている。

    12時台北発の台鐵(鉄道)に乗って。


    今日のイレブンはとっても涼しげでかわいい。
    「この格好に大きなかばん、駆け落ちみたい」って楽しそう。


    今日の予定は、
    イレブンが前に勤めていたデザイン会社訪問→会社のみんなで牛肉麺→
    イレブンの大の仲良しの女性と合流し、3人でお酒を飲みに行く→3人でホテル宿泊。

    台北駅で会社にお土産を買った。
    イレブンが車内で食べる用の生チョコも買っておいてくれたわ。


    台北駅から約3時間。


    国際空港のある桃園を通り


    南へ下っていく。


    お弁当売りが来たから、2人で1つ食べることに。
    おいしいおいしいおいしい。

    車内ではずーっとおしゃべりしていたから、
    あっという間に台中駅に到着。
    最近イレブンがよく使う日本語、「そうか」がとってもかわいい。



    すごく暑い!


    かんかん照り。


    色白なイレブンは日焼け対策にこんな格好。


    駅からバスに乗り、会社に向かう。


    よくここでご飯を食べていたんですって。
    イレブンが言うには、台北よりずっと台中の方が食べ物がおいしいって。


    大きなビルの11階に「Victor branding design」がある。
    イレブンも来るのは半年ぶりくらいだそう。


    とっても広くて綺麗なオフィス。
    ここの会社がデザインした商品は、台湾のいたるところで目にするわ。


    まずみんなにお土産。品墨の商品。


    女性がみんな綺麗なのよ。


    イレブンが「アキコ、あの鏡みんなに見せてあげて!」って。
    ジャッキー鏡にみんな驚き。


    ついでに「毎日台灣」も見てくれたわ。


    お土産のマカロン。


    日本のデザインはすごいって、日本のものがたくさん。


    クリエイティブディレクターのクオさん。


    ここはクオさんのスペース。
    社長の部屋は別にあって、すごく大きくて趣味の部屋みたいになっていたわ。

    会社でデザインした商品など、たくさんお土産をくれた。
    大荷物。
    6時に会社が終わるから、それを待って5人で
    とてもおいしいという牛肉麺を食べに向かった。



    スープが白い。マイルド。

    その後、デザイナークンちゃんの知り合いのカフェへ。



    雑貨も売っていて、品墨の商品も置いてあったわ!知り合いらしい。


    隣には同じオーナーの家具屋。
    そのオーナーまだ30歳くらいなんですって。驚き。


    みんなにオタクと呼ばれている男性がきた。
    日本語を勉強していて、いい人よ。


    次はみんなで台南に行く約束をしたわ。
    謝謝!

    みんなと別れ、イレブンの異父異母兄弟とまで言っているほど仲のいい、
    ジアホイ姐さんと合流。



    広いbar。



    今年2人で日本に遊びに来る予定よ。
    その計画などを立てたわ。

    ジアホイ姐さんは国立自然科学博物館で働いている。
    台中のとっても大きな博物館。
    初めて会うのに、たくさんプレゼントをくれたのよ。
    とっても優しい素敵な女性。


    イレブンが会う人全員に
    「アキコの中国語はすごいから、普通に話して大丈夫」
    って言ってくれたのがうれしかったな。


    気がついたら夜中の2時で、お店の人に閉店ですと言われたわ。
    タクシーでホテルへ。


    花のいい香りがする綺麗なホテル。

    一日中イレブンといたけど、一日中元気。
    どう考えても台湾の人は元気でよくしゃべる。
    これは本当だよ。
    夜中にホテルに着いてからもよくしゃべっていたもの。



    布団が気持ちいい!
    窓からは駅が見下ろせる。


    盛りだくさんな一日だったから疲れたのか、
    布団に入った瞬間に眠りについたわ。










    | お出かけ | 15:45 | comments(0) | - |
    雨の九份
     
    今日は午前中の便で友人あゆみちゃんとお母様が来台。
    午後3時にSOGO前で待ち合わせ。

    15年くらい前、初めての台湾はあゆみちゃんと一緒に行った。
    まだMRT(地下鉄)もなく、バイクも今よりもっと多く、
    タピオカミルクティーも日本に上陸していなかった。

    初めて宿泊したホテルも、感動した映画村も今はもうない。
    どんどん台湾も変わっていっている。
    人が優しいのだけが変わらないわね。


    待ち合わせ場所に行くと、雨がひどくなってきた。
    ひどいどころではない。


    人が歩けないくらい。

    九份に行きたいと言われていたのに、これではどうにもならないな。
    しばらくSOGOの中で雨宿りしていると、小降りになってきた。
    せっかくなので行くことに。

    九份行きバス乗り場に並んでいると、必ずタクシーの営業がやってくる。
    バスは105元(約357円)。タクシーは6人相乗りで一人150元(約510円)でいいと言う。
    その方が早いって言い張るし、行きは相乗りタクシーを使うことにしたわ。

    九份まで40分くらいかしらね。

    あゆみちゃん親子。そっくり。

    平日だし、さっきの大雨のせいで全然人がいない。
    着いた頃には小降りに。

    お母様は初九份。



    あゆみちゃんも以前から気になっていたという「紅糟肉圓」。
    チャレンジしてみると言うわ。

    二人で一椀。

    私はもう食べたからと断った。
    ということは、やはりあまり好きではないのかしら。

    二人も微妙な顔をして食べている。
    まずくはないけど、うーん、なんだろう?という様子。

    その後、阿柑姨芋圓へ。


    温かい芋圓。


    九份茶房でお茶をしたことがなかったから、今日こそ行ってみることにしたわ。



    はじめに出してくれるお茶も冷たくておいしい。

    店員さんがメニューの説明をしてくれるわ。
    お茶の料金+1人100元かかる。
    残った茶葉は持ち帰りができるそうよ。

    800元(約2720円)の華のような香りの烏龍茶というのにしてみた。


    1回目はお店の人が淹れてくれる。

    烏龍茶のチーズケーキ。
    さわやかこってりでおいしかった。

    1回目の茶葉で8杯は飲めるから、それで充分。
    残った茶葉はお持ち帰り。

    袋に入れてくれる。


    落ち着いた空間なもので、気がついたら7時過ぎていた。

    カラスミを買う二人。

    待っている間、革製品を見ていたら


    いやだ、これと目が合った。買っちゃった。なんだこれ。



    夜は幻想的。



    帰りはバス。運転が荒くて、何度も椅子から転がり落ちそうになったわ。


    終点の忠孝復興駅に着いたのが9時。
    あゆみちゃんご希望の永康街の「大隠酒食」に行く予定だったけど、
    バスに酔ったらしく食欲がないと言うわ。
    食欲がないあゆみちゃんなんて、初めて見たわね。

    なのでそこから歩いて行けるジャッキーのワンタン屋「高雄五福」へ。
    ジャッキーの店なわけではない。

    ジャッキー来るかな。


    ああおいしい!

    酸菜と卵。

    香辣紅油扁食。ピリ辛ワンタン。

    乾麺。


    やっぱりあゆみちゃんモリモリ食べていた。










    | お出かけ | 13:32 | comments(2) | - |
    宜蘭を満喫
     
    午後、小亨利さんから電話がきた。
    これから宜蘭に行くのだけど一緒にどうかとのお誘い。
    3時に南港展覧館駅で待ち合わせることになったわ。

    電話で待ち合わせの場所を決めるって緊張する。
    駅名を全部中国語読みで把握していないから、
    電話しながら路線図を見て了解したわ。


    初めて降りる駅。

    ここから小亨利さんの車に乗り込み出発。


    少し曇っているけど、暑い。
    宜蘭は台北と違って平地が広がっている。
    車で1時間くらいかかったかしらね。

    着いてまず魚丸米粉の老舗に行った。
    信利号猫耳魚丸米粉という店。


    猫の耳?


    この団子の形が似ているからそう呼ばれているんですって。
    中には胡椒が効いた肉。

    3色兄弟。

    愛玉ドリンクの店、大行列。


    愛玉とは愛玉子という植物の種で作ったゼリー。
    種を水の中に入れて10分くらいもんだだけでゼリーになるんですって!


    街を散策。

    髪の毛切ってもらいたいなあ。


    陳氏鑑湖堂。

    昔使われていた石臼など。


    遺跡。
    すごく大きな邸宅だったんだろうな。


    ここは建物を3階までしか作ってはいけない決まりがあるんですって。
    だから眺めがいいんだわ。



    2輪のスケートボード。乗れない。

    陳家松園落羽末。
    根っこが息をするために飛び出ている。珍しい光景。

    なんて小さいパイナップルなの。かわいいったらないわ。

    友達一家が来た!と隠れる3人。

    合流して夕ごはんを食べに向かう。

    外が気持ち良さそう。

    子供たちは中の方が涼しいからと上に行ってしまった。

    酸菜白肉鍋を頼んだら、すごい量。

    魚定食。

    小亨利さんは蝦定食を頼んだら、2尾だけ。さみしがっていたわ。


    お腹いっぱいになり、車で移動。

    羅東文化二館 空中藝廊。

    宜蘭を愛する建築家、黄聲遠の作品ですって。
    すごく広くて素敵だったけど、暗くて写らなかった。

    近くには運動できる場所が併設されている。

    台湾は昼間暑すぎて運動できないから、夜にみんな運動するんですって。

    子供たちとお父さん二人が、激しく本気で遊びだしたわ。

    小亨利さん、思いっきり子供を追いかけて思いっきり転んだわ。
    擦りむけて、手首をひねって、あーあ。
    いつものことだと言っていた。

    私はさっきできなかった2輪のスケートボードを必死に練習したわ。
    全員汗まみれ。


    そのあと夜市へ。



    お腹が空いていないのが悔やまれる。



    ここで休憩。

    冷たいアイスと温かいタピオカ。

    タピオカの中に小豆が入っている。



    10時半くらいに宜蘭を出たから
    家に着いたのは12時だったわ。

    宜蘭にはまだまだ美味しいところや素敵なところがたくさんあるそうよ。
    着いたのが4時くらいだったから、周りきれなかった。
    また行かなくっちゃ。


    おつかれさまでした。
    謝謝みなさん。






    | お出かけ | 12:42 | comments(0) | - |
    小亨利探検隊
     
    夕方5時、ウェイシュエンから電話がきた。
    先週大雨で蛍を見に行けなかったから、今日行ける?って連絡。
    6時に新店駅と言われたけど、それは無理そうだと答えたら、
    小亨利老師が車で最寄りの駅まで迎えに来てくれるというわ。

    小亨利老師とは木工教室をやっている木工作家さん。
    5時40分に駅に着くと電話をくれた。

    どれだけ急いで用意したか、人生で一番急いだといってもいいわ。
    猛ダッシュで駅まで行くと、車の外で待っていてくれた。
    奥様と2人の息子さんも一緒。

    新店駅でウェイシュエンと合流し、さあ出発。

    途中で滷味を買うため車をとめた。


    いろいろな滷味の店があるけど、ここはこんなショーケースに入ってる。

    鶏の足が充実。

    豆干と甜不辣と米血糕(もち米に動物の血を混ぜて固めたもの)。
    車の中でいただいた。

    友達の家族も合流し、一旦車を降りた。
    新北市の四崁水という場所。烏來の近く。


    家を出た時はすごく暑かったけど、ここはとても気持ちがいい。




    だんだん暗くなってきたわ。
    みんないつも探検しているようよ。
    懐中電灯とか虫取り網とか、準備万端。

    小亨利老師が下に降りてなにやら探している。

    トカゲだ。

    私も持ってみた。

    こうしてひっくり返すと目を閉じて眠るんですって。
    おとなしい。


    ここから友達家族の車にみんなで乗り、さらに奥へ。


    見えるかな。


    カエル。

    この中におたまじゃくしがいーっぱいいる。

    カエルになりたて。







    さらに奥へ。







    カエルが卵産んでいる。

    泡!

    高いところになにか見つけた模様。

    白いカタツムリ。
    白高腰蝸牛といって台湾特有のカタツムリなんですって。


    この吸盤で

    こんなに伸びる。

    かわいいな。


    だいぶ長いこと探検したからそろそろカエル。


    小亨利老師は本当にいろいろなことを知っている。
    鳴き声でなんの鳥か、なんの虫かすぐわかる。
    どんどん暗闇に入って行って、なんでも捕まえる。
    「いるのーいないのー」と
    暗闇に消えいく老師に声をかける奥様が印象的だったわ。
    いつものことよって感じだった。

    特別な夜だった。
    謝謝みなさん!








    | お出かけ | 01:48 | comments(0) | - |
    アール姐さんと永楽市場

    毎週月曜日の朝は会議。
    そして今日は月一の朝食付き会議の日。


    アール姐さんが作ったポテトサラダや、目玉焼き、サンドイッチ、
    コーヒー、オレンジジュース、紅茶などが並ぶ。

    食べながら進捗状況などを報告。

    品墨良行は6月か7月に2店舗目がオープンするわ。
    今の場所のすぐ近く。
    とても広くてとてもいい場所。
    その準備もあって、みんなとても忙しい。

    でもなぜか時間がゆっくり流れている気がするな。
    なぜだろう。


    会議が終わると、ウェイシュエンが私の元に来て言った。
    「午後、アール姐さんが布と綿を買いに行くんだけど、
    一緒に行ってもらえる?」

    どうやら荷物が大きくなるから、一人だと持てないみたい。
    迪化街の永楽市場ですって。
    永楽市場は布の市場。

    午後2時、2人でタクシーで迪化街へ。
    15分くらいかしらね。近かった。

    ついてすぐに昼ごはんを食べに行ったわ。
    米苔目というのが有名な店なんですって。



    米苔目とは、米をすって網の目から押し出した麺のこと。
    丸くてつるつるの麺。

    他に食べる?と聞かれたけどメニューを見ると
    どうやらホルモン系ばかりね。
    あまりホルモンは好きではないから遠慮した。


    スープありとなし。私はスープなしをいただいたわ。
    甘辛いタレとニラとつるつる麺がおいしい。


    お客さんが絶えない老舗なのよ。

    なぜ二姐(アールジエ)と呼ばれているのか聞いてみた。
    2番目のお姉さんだからですって。
    なるほどねえ。
    一番上のお姉さんのことは大姐(ダージエ)と呼ぶらしい。
    王さんが4人兄弟だなんて今日初めて知ったわ。


    食べ終わり、一件目の目当ての店へ。


    日本の布を取り揃えている店。


    次は永楽市場へ。


    びっしりと布。


    アール姐さん、ここのオーナーと仲良し。面白い人だったわ。
    ここで綿を購入。

    裁縫に必要なものはなんでもある。

    市場での買い物が済んでから、少しぶらぶらしてみることに。


    すると気になる店を発見。



    いいものだらけ。目が白黒する。


    天井にもびっしり商品がぶら下がってる。

    ヒョウ柄の魅惑的な老板に取ってもらっちゃった。

    水差し!
    お参りに使うものらしいわ。

    ミニ洗面器。

    3色。


    さっきの市場に戻り、綿を取りに行くと
    店員さんがタクシーまで運んでくれた。

    タクシー乗るかしら?

    ぎゅうぎゅうで乗った。


    帰ってからアール姐さんの仕事で使う道具をいろいろ見せてもらったわ。
    今日買った綿で何ができるのかしら。
    楽しみ!


    夕方、デービッドが
    「これ知ってる?」とおかしな器具を見せてきた。


    どう使うのか見ただけだとさっぱりわからない。

    頭をマッサージするんですって。
    無印の商品らしいわ。
    ウェイシュエンが買ってきたって。

    マッサージされてるとは思えないような、くすぐったい感じよ。
    それってなんて言うの?と聞かれて
    「ぞくぞく」と教えた。
    またみんなの擬声語が増えてしまったわ。

    やりながら
    「ぞくぞく〜」とうれしそう。

    決め顔よ。

    このマッサージ器具だけで大盛り上がりで、
    また笑いすぎて泣いた。
    お腹痛かった。

    みんな面白くてかわいくて毎日泣ける。







    | お出かけ | 00:42 | comments(2) | - |
    怒りの小顔マッサージ
    へそ灸というのを前からやってみたかった。
    おへその上にお灸。
    腸が奇麗になるんですって。

    記憶によると1回1万円近くした気がしていた。
    けど以前、友人がガイドブックを見ながら
    「ここのへそ灸、2500円くらいでできるよ」と
    教えてくれたのが「足満足」というマッサージ店だった。



    そこのマッサージ店のメニューを見てみると
    足つぼの他に、小尻マッサージ、背中踏み、肩頸マッサージ
    いろいろある。
    小尻マッサージに関しては、大きな木槌でお尻を叩いている!
    すごい。
    興味がわいたけど、木槌は怖いから小顔マッサージをしてみることに。


    西門駅から徒歩10分くらい。
    お客もパラパラ、店員さんもたくさんいる。

    先払いだと言われ1000元を支払ったわ。
    ロッカーに荷物を入れ、スリッパに履き替え地下へ。
    地下にはベッドが5台ほど並んでいた。
    夜7時過ぎていたせいか、地下には誰もいない。

    無言の女性が担当してくれるみたい。
    ベッドに寝そべり、まずはメイク落とし。

    ああ!雑!
    始めはそんなものかと気にしなかったわ。
    でもはやり気のせいではなさそうよ。
    水だか化粧水だかが鼻に入って、痛くてたまらない。
    目にも入る。
    我慢ができなくなってティッシュをくれと頼んだら
    ウェットティッシュを渡されたわ。
    これではすっきりしないなあ。

    しばらく顔にいろいろ塗られ、
    なぜか途中で担当がオーナーらしき女性に変わったわ。
    今までやっていた女性は私の足をマッサージしはじめた。
    「サービスだよ」
    と言ってる。

    そのオーナーらしき女性は
    「まずビフォーの写真を撮るよ」
    と言って、小顔マッサージする前の状態の私の顔をi phoneで撮った。
    それがびっくりするほど至近距離で撮るのよ。
    見たらアップすぎて輪郭が写ってない。
    へんなの、と思ったわね。

    それからマッサージ開始。
    顔をクリームを付けながらこねくり回す。
    こねくり回すだけ!
    だんだん「これはおかしいぞ」と思ってきた。

    さっき鼻に入った水が痛くて痛くて涙がでる。
    今回は乾いたティッシュをくれと頼んだ。

    私があまりに辛い顔をしているから
    オーナーの女性がさっきの女性に
    「さっきのマッサージは、もっと丁寧にやりなさい」などと注意をしている。
    その女性はその時、私の足をマッサージしているのだけど
    やらないのと同じくらいどうでもいいようなマッサージ。
    なんだこりゃ。

    小顔マッサージも相変わらず小顔になるようなことは一切していない。
    こねくり回すだけ。
    これはおかしいと確信したわ。

    「気持ちよくない?」
    とオーナーらしき女性に言われて
    「気持ちよくない!」
    と言って、ちょうど終わるアラームが鳴ったから
    すぐさま帰ろうとした。
    すると「アフターの写真撮らない?」と言ってきた。
    輪郭が写っていない写真でなにを比べるつもりか?

    まったくびっくりしたなあもう。









    | お出かけ | 00:04 | comments(2) | - |
    エステ体験
    台湾まだ体験してないこと、エステだわ。
    行かなくっちゃ。

    Qi SPA (資生堂サロン)は台湾では
    日本の半額くらいで受けられるらしい。

    Qi (チィ)とは「気」のこと。
    東洋思想と西洋のマッサージを融合させたという
    コンセプトなんですって。

    忠孝復興SOGOの9階にサロンがある。
    家から近い。
    台北ナビから予約してみた。

    SOGOの9階に日本庭園がある。

    ここが Qi SPA。

    入って名前を告げると、
    どうやら予約が入ってないみたい。
    どういうことかしら。
    でも平気だと言われ、
    カウンセリングシートに記入。

    フェイシャルと背中をやってもらうことに。

    ロッカーでバスローブと紙パンツに着替える。

    でも紙パンツではなく、綿だった。
    ラグジュアリーね。

    個室に通され、
    まず好きなアロマオイルを5種類の中から選ぶ。
    レモン、ローズ、イランイランなど。
    私は木のアロマを選んだ。

    ベッドにうつ伏せになり、
    顔を出す穴から、それを吸いながら深呼吸。

    背中をマッサージしてもらう。
    けっこう強い力。ツボを押してるって感じ。

    仰向けになり、次は顔。
    こちらは朦朧としてきたから、
    あまり覚えていない。
    気持ちがよかったことだけは確か。
    ずっといい香りがする。

    終わると個室に付いているシャワールームで頭も洗える。
    シャワーを浴び、出る準備ができたら内線で連絡する。

    ロッカーに行き荷物を取り服に着替えると、
    ここに通される。


    お茶とケーキを出してくれる。
    このお茶、漢方だな。

    施術をしてくれたティナさん。


    これからは予約は直接電話してくださいって
    名刺をくれたわ。
    フェイシャルと背中で3,560元(約11,700円)。

    日本より安いといっても、やはり高い。



    帰りは歩いて帰ることに。30分くらいかな。
    外にでるとムヮっと暑い。
    夏っぽくていい感じだわ。

    台湾の街頭は橙色でロマンティックね。














    | お出かけ | 00:17 | comments(0) | - |