台湾生活
永晶ホームページ
永晶
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
社員・アルバイト募集中!
東京都世田谷区池尻世田谷ものづくり学校
にあるデザイン事務所。
イラスト、WEBデザインを主に
行っています。
  • 株式会社アザイコミュニケーションズ
  • White Page
    自分で更新できる!ホームページ制作
    ちゃんと機能するホームページで
    WEBマーケティングをしっかりフォロー!
  • 東京都世田谷区 【三軒茶屋・池尻大橋】
    ホワイトページ (世田谷ものづくり学校内)
  • OTHERS
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ライブ当日
    4月6日。ライブ当日。
    雲行き怪しい。


    ライブは午後11時40分から。まだまだまだ時間がある。
    まずは街に出て腹ごしらえ。



    雨がついに降り始めてしまったわ。
    みんなで黄色いレインコート。


    食後、サンフィーゴは早めに会場の墾丁鵝鑾鼻公園へ。

    私はある場所へ向かった。

    中国語勉強のため台湾ドラマをいつも見ている。
    いつも同じのを繰り返し。
    その中の一つが
    「我在墾丁 天氣晴」。
    墾丁に住む若者の人生や恋愛や、街で繰り広げられる問題などを取り上げた、
    映画のようなドラマ。
    これを見ていて、台湾最南端にこんな素敵な場所があることを知ったわ。

    せっかくなので主人公の住む素敵な家を見に行くことにした。

    タクシーを捕まえ、100元(約300円)でいいか交渉してみた。
    普通墾丁ではダメと言われる金額よ。
    でもその運転手はいいって。
    よく見ると口元が檳榔(ビンロウ:噛みタバコ)で真っ赤。
    歯もあるのかないのか。
    でも乗った。
    すると「結婚してるの。どこから来たの。どこに行くの。」
    質問攻めだわ。
    低い声で適当に答え、すぐ着いたからすぐ降りた。
    ああ気持ち悪かった。

    でもすぐ素敵な気分になったわ。
    ここにこれたのですもの。

    よーくドラマで見ていた家の脇道。


    これはドラマ。


    通った。


    素敵な家!


    晴れていたらもっと良し。

    これはドラマ。

    肉眼。



    ライブまでまだまだまだ時間がある。
    この雨で会場入りしてもつらいだけだ。
    どこかで休まないと。
    でもいちいちタクシーをつかまえて交渉するのが疲れるったらない。
    タクシーが観光地価格で、メーターがついてない。

    でも今度は優しい運転手に出会い、メーターを付けてくれた。
    スターバックスで一休み。
    オアシス。


    ライブが11時に早まったと連絡を受け、急いで会場の公園へ。
    案の定、地面はドロドロ。


    昨日出会った人たちも見に来てくれていて、
    なんだか素敵なライブになりそう。

    でも12時ぴったりに電源を落とさなければならないみたい。
    時間がおしてる。
    11時には全然始められない。


    準備にもトラブルがあったみたい。時間がかかってる。

    やっと始まった!




    1曲、2曲。

    あ!電源落とされた!!


    真っ暗。ひどい。
    観客からも応援の声。
    昨日ライブをしていた司卡拉OK大樂隊のドゥさんは
    最後の1曲飛び入り参加してくれるつもりで、
    トランペットを用意してきてくれていたのに。

    でも再開させてくれる様子はない。

    CDをみんなに配る。

    決まりだから仕方ない。けどはるばるやってきたのに。
    ほかのバンドの人たちも本当にひどいと嘆いてくれたわ。

    出店をやっていた人が、ビールを配ってくれて
    そこで再びサンフィーゴ生演奏。




    来年また必ず。

    | 墾丁 春天吶喊 | 20:49 | comments(0) | - |
    墾丁でもっちが消える
    墾丁2日目。天氣晴。



    レンタルサイクルで今日は行動することに。
    24時間で1人300元(約900円)。


    ビーチへ。



    パラソルも椅子もとてもいい感じ。

    水着ギャルがたくさん。


    一方ではやみくもに海を見つめる中年女性たち。


    気になる光景がたくさん。
    海に入らなくても十分楽しめる。

    このアイスは果汁0%です。

    くっきー、がんばって焼く。

    結果はいつもまーっしろ。


    夕方、明日のライブ会場の下見に行く。
    その前に腹ごしらえ。

    豚の背脂&卵かけごはん。
    食べなくたって、言葉の響きだけでお礼を言いたくなるわね。



    みんな一言も発さず、がむしゃらに食べたわ。
    美味しいってそういうことね。

    宿から自転車でバス停まで行き、無料シャトルバスでライブ会場の墾丁鵝鑾鼻公園へ。
    春天吶喊(墾丁音楽フェス)は4月3〜7日、昼から夜中まで、開催されている。

    受付でパスポートを提出、厳重チェック。
    腕にタトゥーシールとICチップ入りリストバンドを付けられる。


    これをなくすと、明日入れなくなるんですって。
    このリストバンドは、お金がチャージできる。
    会場での買い物はこれで清算。


    看板に東京サンフィーゴ、発見。
    明日の午後11時40分スタート。トリだわ。

    公園内はとても広い。
    舞台がたくさんあり、それぞれでライブをしている。





    その日のトリを見るために、最後までいることに。

    9時を過ぎたあたりかしら、
    もっちの様子がおかしくなってきたわ。


    もはやなにを言っているか、まるきりわからない。





    子供を全速力で追いかけたり、
    カナダ人の仲間の中に飛び込んで行き、ひたすら日本語でしゃべり続けたり。

    気がついた時には、もっちがいなくなっていたわ。

    もう12時すぎていたし、この日のイベントは終わりかけているし、
    シャトルバスはなくなってしまう時間だし、
    みんなで必死に探したのよ。

    でもいない。どこにも。

    そのイベントにはテントに泊まる人や、ハンモックで寝る人が
    いっぱいいる。
    だからきっとどっかのテントにいるんだろう、と
    みんなで先に帰ることに。

    夜12時半、もうシャトルバスは終わっていた。
    困ったわ。
    タクシーで自転車が置いてある場所まで行くことに。
    でもイベント帰りの人を狙っているタクシーはとても割高。
    5人で600元(約1,800円)と言われたの。
    高いと言ったら、ここはどこもみんなこの値段だ
    と言い張るわ。

    でも別のタクシーに交渉して400元(約1,200円)に
    してもらうことに成功よ。

    自転車が置いてある場所までタクシーで行き、
    着いてびっくり。
    もっちが乗ってきた自転車がないわ。
    ということは・・・
    自転車で先に帰ってる?!あの酔い方でそんなことができるのか?!
    宿に着くと、もっちの自転車がちゃんと置いてある。
    帰ってるんだ。
    でも部屋の鍵は持っていないはず。

    部屋まで行くと、ドアの前の床で寝ていた。

    明日はライブ本番。
    大丈夫だろうか。






    | 墾丁 春天吶喊 | 04:04 | comments(1) | - |
    我在墾丁 天氣晴
    台湾最南端のリゾート地、墾丁で開催される音楽フェス
    「春天吶喊(スプリングスクリーム)」に出演するべく、
    東京サンフィーゴとメロンちゃんが本日来台!


    台北駅から新幹線で左營へ。


    吃肉 吃肉



    左營から墾丁の宿まで車で2時間。

    到了。
























    ライブは明後日。

    | 墾丁 春天吶喊 | 03:59 | comments(2) | - |