台湾生活
永晶ホームページ
永晶
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
社員・アルバイト募集中!
東京都世田谷区池尻世田谷ものづくり学校
にあるデザイン事務所。
イラスト、WEBデザインを主に
行っています。
  • 株式会社アザイコミュニケーションズ
  • White Page
    自分で更新できる!ホームページ制作
    ちゃんと機能するホームページで
    WEBマーケティングをしっかりフォロー!
  • 東京都世田谷区 【三軒茶屋・池尻大橋】
    ホワイトページ (世田谷ものづくり学校内)
  • OTHERS
    嵐の帰国

    朝、さっそく窓を見てチェック。
    風が強そうだ。

    松山発18時発の飛行機だから、
    16時すぎには空港に行かねば。

    新幹線が動かなくて、台北に戻れなくなっては
    困るから、早めに台南を出ることにした。

    11時すぎに家を出て、台南駅へ向かった。
    どうやら新幹線に影響はなさそうだ。

    2時くらいに台北駅に着き、
    ぺぺちゃんチチちゃんとお別れした。

    東門駅で外に出ると、
    風は強いけど、傘をささなくても平気。

    品墨ではアニタが迎えてくれた。

    アニタと会うのも久しぶり。
    荷物の整理をしようと、スーツケースのところに行くと



    みんなが手紙を置いておいてくれた。
    泣けた。
    香港ジャッキーは一緒にダイエットしよう、と
    メジャーを付けて。

    アニタは空港で食べてね、と
    シナモンロールとチョコをどっさりくれた。

    整理をしていると、2号店からアール姐さんが来た。
    そして袋を渡して言ったわ。
    「アキコ、この色好きでしょう」
    中を見ると、金色の生地で作った小さいバッグが入ってる!

    泣けた。



    本当にありがとう。
    大事に使います。



    荷物を置かせてもらって助かった。

    タクシーで松山へ。
    雨風が強くなってきたけど、
    飛行機に影響はなさそう。よかった。


    帰るのはさみしいけれど、
    2週間後にイレブンたちが日本に来る。
    たーのしみ。











     
    | '14.09 台湾 | 23:57 | comments(1) | - |
    台風が来るまで

    天気予報によると、台風は
    今晩から徐々に台南に近づくようだ。

    朝起きたときは曇り。
    お母さんはもう仕事に出かけていた。

    朝ご飯は、ぺぺちゃんが昔からなじみのお店へ
    バイクで行った。



    福生小食店。
    店の前にバイクがたくさん。
    みんな食べに来てるのね。

    ぺぺちゃんのおすすめは
    「台湾のお茶漬け」。
    香菇飯湯。



    きのこ、筍、魚丸など、具沢山スープに
    ご飯が入っている。
    いい味だな。



    玉子と筍の炒め物。
    とっても甘い。
    台南は食べ物が全体的に甘いとよく言われるけど、
    この甘さには少し驚いた。



    店の中に冷房はない。
    厨房がすぐ後ろにあって、熱気むんむん。
    汗だくで食べる、それもまた一興だ。





    食後はおすすめドリンク屋へ。






    神様の行列。




    今年6月にリニューアルした林百貨に行ってみた。



    ここは1930年、日本統治時代に日本人実業家の林方一という人が作った百貨店。

    当時からエレベーターが設置されていて、とてもモダンで最先端の建物だったんですって。
    戦後は塩工場や軍の施設として使用されていて、その後は空きビルになっいた。
    けど台南市によって市定古跡に認定され、2010年から再建のため動きだしたのよ。

    6月にオープンしたばかりだから、入口で行列が出来ている。
    店内はあまり広くはないから、入場制限してるのかしら。


    1階は台南名物、特産品、2階は台南デザイングッズ、3階は台南ファッション、
    4階は台南文化、5階はレストラン。



    刺繍の入った台湾スリッパを300元(約1,050円)で買ったわ。

    窓を見て驚いた。
    大雨!



    台風来てしまったかしら。
    バイクだし、やまなかったら困る。

    中でうろうろしているうちに、
    小雨になってきた。



    歩いて近くの古本屋に入った。



    学生の時からよく来ていた店ですって。





    店主のおじさんは、立ちながら寝ていたり、
    チチちゃんにぞっこんのインコがいたり、
    本以外も見所がたくさんあった。



    次は孔子廟へ。







    ここが台湾で一番初めに建てられてた孔子廟。
    1665年ですって。
    当初は学生たちがここで勉強していたそう。


    歩いて街を散策していると、
    年期の入った理髪店が目に飛び込んで来た。



    なんと100年続いている理髪店なんですって。
    おじさん日本語で語ってくれた。





    椅子がマッサージ椅子になってる。
    画期的だったのでしょうね。



    使う道具にも歴史を感じるわ。

    いろいろお話できてよかった。
    これからも長く続けていただきたい。




    臭豆腐が入った肉まんを食べるぺぺ。
    「臭い〜美味しい〜」と言っている。



    ここでマンゴーかき氷をいただこう。



    はじめ大きいと思っても、必ず1人で食べきれるから大丈夫。



    この細い路地は、本屋の入口。
    巨漢は通行できない。



    会員制の本屋。
    古いCDなども置いてある。
    日本のもたくさん。
    ぺぺちゃん、学生時代はtrfを聴いていた、
    と言って歌い出したわ。



    面白い造り。
    向こう側に行くには、一旦地下へ行かねばならない。



    5時にぺぺちゃんのお母さんがマッサージを予約してくれた。
    おすすめのお店ですって。
    台北の足ツボでがっかりしたから、
    こちらに期待よ。

    一旦バイクを置きに家に戻り、
    お母さんの車で出発。



    台風が来るということもあって、
    店内は私たちだけ。
    みんな明るく親切な女性たち。

    まずは足。
    お母さんのお気に入りのマッサージ師を、
    今日は私の担当にしてくれた。



    痛いなんてものじゃないわ!
    みんなで私が痛がっているのを笑っている。
    お母さんは携帯で撮影する始末よ。

    体の中心が曲がっていると言われた。
    立ち方を気をつけなさいって。

    それから上の階に移動し、
    パンツだけになって、全身マッサージ。

    これも痛いなんてものじゃない。
    1時間はかかったのではないかしら。
    居眠りするマッサージとはわけが違う。

    終わった時には、4人とも寝ぼけたような顔。
    ぐったりとお風呂に入ったような気持ち良さ。
    さすがね。
    近くにあったら通うのになあ。


    夕飯は火鍋へ連れて行ってくれた。
    東北酸白菜火鍋。





    とても広い店内。



    具材は自分で好きなものを持ってくる。



    きのこだけでもすごい種類。



    ぺぺちゃんのお母さん。
    とってもスレンダー。
    50代とは思えない肌のツヤ。
    「ぺぺは小さい変態。私は大きい変態。」
    と言っていた。
    さすがぺぺちゃんを生んだ母。



    シュエシュエくんたちも合流。
    ここで鍋の漬けダレを作る。



    片方は白肉酸菜、片方は辛い鍋。
    ご飯は自分で好きなだけよそってくる。
    うまかった。

    すっかりごちそうになりっぱなし。
    ありがとうございます。


    そして今日のメインイベント。
    台南に来たら行ってみたかった所がある。

    貝斯特KTVというカラオケ店。
    貝斯特はベストってこと。
    何がすごいかって、大舞台で歌えるんですって。
    広い店内に舞台があり、踊りたい人は踊り、お酒飲んだり、
    食事したり。
    とにかくすごいらしい。

    車で行くと、
    店の前に張り紙が!
    「引っ越しました」って!
    住所を見ると、そこから車で30分くらいかかる。
    遠い。
    みんな疲れてるし、30分運転後に、
    大舞台で100%は出せないわきっと。
    残念だけど、あきらめよう。

    帰ろうということになり
    バイクで向かってるシュエシュエくん達に伝えると、
    どうしても歌いたいと言うわ。

    みんな疲れてるし、今日はやめようと言っても、
    どうしても歌うときかない。

    なので少しだけ、近くのカラオケに行くことにした。



    4時間なのね、やっぱり。
    そして豪華な食事がついている、やっぱり。



    疲れていたとは思えないくらい、
    踊って歌っている。

    ぺぺちゃんのお母さんの歌のうまさに脱帽よ。
    どの歌も本人ではないかと思うくらい。

    12時を過ぎて、店を出た。

    台風は、まだ雨が降っている程度で、
    直撃はしていない。
    徐々に接近している。
    明日、新幹線走るかしら。






     
    | '14.09 台湾 | 23:33 | comments(0) | - |
    ペペチチと台南へ

    今日から台南に行くわ。

    帰国予定の21日まで。
    しかしスーツケースをどうしよう。
    台南に持って行くわけにはいかないな。

    台北駅のロッカーにでも預けようかと思ったけど、
    あそこは広いし、そんな大きなロッカーがあるのかどうかも
    わからない。
    王さんに連絡し、3日間品墨で預かってもらうことにした。

    12時にホテルをチェックアウトし、
    タクシーで品墨へ。
    ちょうどお昼時だったから、一緒にランチ。

    2時に台北駅でぺぺちゃん、チチちゃんと待ち合わせだから
    まだ時間はある。



    歩いて5分くらいの所にある大來小館へ。
    魯肉飯がおいしいお店、とよく本で見かけていたけど
    入ったことがなかった。



    雞肉飯もあるのね。ならばもちろんそれにするわ。



    香港ジャッキーは魯肉飯。

    どちらもすごく美味しかった。





    みんなでどんどん追加して頼んじゃった。
    ご飯におかずのせて食べるのって本当に美味しいわ。
    台南に行く前だというのに、やめられなかった。

    食後にデザートを食べに行こうと、
    抹茶デザートのお店「和茗甘味處」へ。



    ここも永康街にあり、いつも通っていたけど、
    入るのは初めて。



    香港ジャッキーがごちそうしてくれた。

    もう1時半を回っている。
    そろそろ駅に向かわなくっちゃ。
    香港ジャッキーが電話でタクシーを呼んでくれ、
    みんなとお別れした。

    荷物を取りに来る21日は、日曜日だから
    みんなはいない。
    今回はこれでさようなら。
    さみしかったなあ。


    ぺぺちゃんからメールがきた。
    「台風がくる」って。
    せっかく台南に行くのに!
    どうかたいしたことありませんように。




    台北駅の高鐵(新幹線)チケット売り場の前で待ち合わせ。
    間もなくぺぺちゃんとチチちゃんが来た。



    おやつを持って。

    片道約1,400元(約4,900円)。
    約1時間40分で台南駅に到着。



    曇っていて、蒸し暑い。

    台南はのんびりとした自由を感じるわ。



    バイクにはしご。やるなあ。



    まずタクシーで向かったのは
    ぺぺちゃんのお母さんが経営しているお店
    「赤崁擔仔麺」。



    有名な台南料理のお店よ。



    雑誌ではよく見ていたけど、来るのは初めて。




    2階建てでとても広い。









    洒落た店だ。



    滷味コーナーもある。
    好きなものを選んで、煮込んでもらう。



    シュエシュエくんたちも到着。



    個室のような部屋もあるわ。



    豪華な食事!
    おいしいなんてものじゃない。
    汁ありなしが選べる坦仔麺。
    汁なしにした。
    おいしいなんてものじゃない。
    魯肉飯も頼んで、蝦巻も食べて、滷味も食べて、
    おもいっきり食べた。





    こんなおいしいお店に生まれて、
    どういう気分かしら?


    お店を出て、ぺぺちゃんの実家へ荷物を置きに行った。
    5つ星ホテルのような家で少し休んでから、
    バイクで出発。



    ペペちゃんの後ろに乗り、
    知り合いが最近開いたという雑貨店へ。



    シュエシュエくんたちは先に到着。

    店の外では、なにやらお祭りのような、お祝い事のようなことをやってる。
    すごい人。





    この長い列が前後に続いていて、みんな食事している。


    またバイクに乗り、おすすめの果物屋へ。









    日本でこれだけのフルーツ盛りを頼んだら、高くつくでしょうね。



    フルーツおじさん。スウィーツ男子みたな感じかしら。




    ここはプリンもおすすめよ。



    まだ台風はきていない。
    夜の台南を散歩。







    バーに行ってお酒を飲んで、
    真っ赤になって、
    帰って寝た。



    明日も台風きませんように。





     
    | '14.09 台湾 | 23:13 | comments(0) | - |
    再会と足ツボマッサージ

    今日も晴れ。
    ホテルからの眺めがいい。



    今日はイレブンとデービッドと昼食を食べる約束をしている。

    二人の職場は目と鼻の先。
    よく一緒にお昼を食べに行くらしいわ。

    会社が別々になっても、仲が良くていい。

    12時半にイレブンの職場の前で待合せ。



    イレブン髪が伸びたなあ。

    お店を探し迷っているだけで、汗だく。



    忠孝敦化駅の近く。
    注文は二人におまかせした。



    炸醤麺。自分でトッピングするタイプ。



    水餃子と酸辣湯。
    最高の組み合わせ。



    二人の仕事や、職場についていろいろ聞いた。





    イレブンは2週間後に日本に遊びにくる。
    なのでその打合せなんかも。



    品墨は事務所に、みんなの知人友人がよく来ていたけれど、
    二人の今の職場はそんな雰囲気ではないみたい。
    だから残念ながら会社見学はできなかった。

    午後の仕事に戻る二人と別れ、
    私は台北駅のマッサージ店へ向かった。

    雑誌に必ずと言っていいほど掲載されている、足ツボマッサージ店。
    その道30年以上のベテラン先生が、悪い所を教えてくれながら
    施術してくれるというわ。
    期待する。

    台北駅M3出口を左に曲がってすぐの雑居ビル内に
    「知足健康」はある。




    ブザーを押すと、写真でいつも見ている先生が
    出てきた。
    日本語で「予約は?ない?大丈夫よ。30分待ってね」
    と言って、中に入れてくれた。

    広くはないスペースに、ベッドが4、5台並んでいる。
    みんな先生はおじさん。

    これは別の先生になる可能性もあるなあ、
    と思っていたら案の定、別の先生が担当になっちゃった。

    そんなにうまいとも思わなかったし、
    気持ちいいとも思わなかった。
    一番驚いたのは、携帯をいじりながらやっていたこと。
    集中していただきたいわ。

    悪い所を教えてくれるというけれど、
    最後に足ツボ表に、2箇所くらい◯をつけて
    ここがあまりよくないね。と言うくらい。

    足ツボ+肩マッサージ 1時間 1,000元(約3,500円)。





    帰りに小腹が減ったから、パン屋に寄った。
    買いたいパンがあったのよ。



    肉鬆麺包。
    肉でんぶがたっぷりかかったパン。

    以前は、よく見かけてはいたけど、
    食べる勇気がなかった。

    ところが、7月にペペちゃんが日本に来た時に
    お土産に肉鬆をくれたの。
    それだけでも美味しいけど、パンにこれをのせてマヨネーズかけると
    美味しいよ、って。
    食べてみたら、本当に美味しかった。
    何事も経験してみなければわからないね。

    だから今回は買ってみようと思ったのよ。
    やっぱり美味しかった!



    夜はある二人と待合せ。

    6月にIIDに遊びに来ていた、
    台湾の女の子二人と、たまたま出会った。
    アーミエンとミージャン。

    アーミエンは、私が9月に台湾に行くという話を覚えてくれていた。
    そして台湾に着いた日に連絡をくれたのよ。
    仕事場が永康街なんですって。


    待合せに指定されたのは永康街にある
    カフェ Flat White。
    去年ぺぺちゃんたちと行ったことがある。
    品墨からもすぐ近く。



    夜の永康公園はダンスする人や運動する人たちで大にぎわい。

    カフェに着くと、
    前で二人が待っていた。


    アーミエン。


    ミージャン。


    ここのメニューはシュエシュエくんによるイラスト。



    アーミエンはデザイン事務所で働いていて、
    ミージャンは台南の大学で木工の勉強をしているんですって。
    だからかどんどん真っ黒になっていくって言っているわ。

    二人のおすすめの音楽や映画などの話をしたり、
    日本語と中国語の違いの話をしたり、
    家族の話をしたり。

    新鮮な夜だったわ。














     
    | '14.09 台湾 | 23:17 | comments(0) | - |
    はじめてのKTV

    昨晩王さんからメールが届いた。
    内湖に友人がやっている素敵なお店があるから、朝食を食べに行かないか?と。

    内湖とは中心部から少し離れたエリア。
    朝から遠くでブレックファーストだなんてラグジュアリーだわ!
    朝9時に品墨で待合せをした。

    しかしその後、明日は定休日だった、と残念なメールがきた。
    ああ残念。



    当初の予定通り、12時に品墨に行き、昼食を食べることに。
    今日も暑い。30℃は超えている。



    東門市場。






    改装中の2号店を通り、品墨の前まで行くと
    食材を両手に抱えた王さんに会った。

    手料理をふるまってくれるみたい。





    野菜をふんだんに入れ、麺を茹でている。



    すると、初めて見る男性がやって来た。

    名はフィン。
    香港ジャッキーとチェルシーが習っているギターの先生。
    歌も歌っていて、CDも出しているんですって。

    今日は、ポリスストーリーの主題歌「英雄故事」の弾き語りを披露してくれるというのよ。
    自前のギターをひっさげて。
    香港ジャッキーがそれを練習するから、フィンが来てくれた。



    夢みたいだなあ。



    タッタラー、タッタラー・・って英雄故事を口ずさみながら
    練習してる!
    いい光景だ。

    チェルシーも可憐な曲を歌ってくれた。



    魅了されたわ。
    かわいくって。



    いい声だ。

    練習とお昼ができるのを待っている間、お店をうろついた。



    巷店は紙専門になっている。



    すると、日本人のお客がきた。



    接客のお手伝いを久しぶりにした。
    少しの間に日本人客が2組も来た。

    香港ジャッキー、歌の準備ができたわ。



    香港人の広東語は美しくて聞き惚れちゃう。
    かっこよかった!



    次はフィンがギターを弾き、香港ジャッキーが歌う。
    もちろん曲は英雄故事。


    麺の準備ができたようよ。



    美味しそうだ。
    いただきます。



    あっさり味で、素材の味がしみている。




    みんな麺の汁をきれいに飲み干す。
    台湾の人は、日本のラーメンはしょっぱくて飲みきれないってよく言うけど、
    納得よ。
    これくらいあっさりしてれば、飲み干せる。



    フィンと王さんは初対面。
    お昼食べて行きなよ、と王さん。
    やはり品墨はオープンでいい。

    食後は50嵐のデリバリー。



    もう2時を回っていたので
    そろそろ失礼しなくては。



    食後でお腹が出て、写真に写れないという私に
    お腹をへっこませとみんなからアドバイス。





    結局後ろに隠れて写ればいいということで
    記念撮影。



    2号店で仕事をするアール姐さんとチェルシーの様子を見学。


    夜カラオケに行く約束をして、
    一旦おわかれしたわ。

    台湾でカラオケはKTVもしくは卡拉OK。
    二つの違いはいまいちわからないけど、みんなKTVって言ってるな。

    日本のカラオケでも中国語の曲を歌うけど、
    歌詞にカタカナがふってある。
    本場ではもちろん漢字だけでしょう。
    できるだろうか。

    夜7時40分、西門駅で待合せ。





    チェルシー、香港ジャッキー、フィン、そしてレゴも合流。
    歩いて5分ほどのところの立派なビルに入って行った。



    その建物すべてがKTV。
    すごく広くてゴージャス。ホテルみたい。
    まず受付で支払い。
    4時間でだいたい1人500元(約1,750円)
    しかも食事付き。



    受付でもらったチケットで​、改札みたいに入場。

    ここで食べ物を注文。


    番号が表示されるまで待って、
    食事を受け取る。
    1階のフードコートで食べてもいいし、
    部屋に持っていってもいい。



    ここで食事のトレーを渡し、自分たちの部屋の階まで、
    エレベーターで送ってもらう。



    上でトレーを受け取り、ワゴンで部屋へ。



    驚いたのは、各部屋にトイレが付いていること。
    あと、館内も部屋も全くタバコの匂いがしないこと。
    日本のカラオケは独特な匂いがするのにね。

    香港ジャッキーの歌と踊りの上手さといったら!
    驚いた。



    私は始めにジャッキーの「怎麼會」を歌った。



    けど携帯でカタカナを見ながら歌ったもんで、
    大失敗よ。



    課題が残された。
    帰ったら練習しなくっちゃ。
    読める漢字をうんと増やさないとならない。

    歌いたくても日本のカラオケには入ってない曲が、
    たくさんあって興奮したわ。

    タッチパネルの検索方法はいろいろ。
    歌手名の漢字の数での検索方法、
    注音検索、日本の曲、英語の曲、グループ名検索、
    など。
    ここのKTVには曲の本がなかった。
    タッチパネルのみ。






    フィンはプロなだけあって、
    とってもうまい。

    私のリクエスト 夾子電動大樂團の轉吧七彩霓虹燈を
    完璧に歌いこなしてくれたわ。
    みんな踊りだして、陽気だったらない。
    お酒は一滴も飲んでいない。




    4時間あっという間だった。
    カラオケを出た時は夜12時を回っていた。

    私とチェルシーは同じ東門駅。
    西門駅から東門駅はとても近いのだけど、1回乗換えがある。
    チェルシーは東門駅ではなく古亭駅から帰るとのこと。
    「じゃあアキコ、ここ東門だから。またね」と教えてくれて、
    私だけ先に電車を降りた。
    改札に向かいホームを歩いていて気がついた。
    どう見てもここは古亭駅だ。

    最終電車に飛び乗り、
    なんとか東門駅までたどり着けた。

    チェルシーは?
    古亭駅で降りるはずのチェルシーは電車に乗ってどこかに行ってしまった。

    どうやら気がついた時にはもう遅く、
    折り返す電車もなくなっていて、
    結局タクシーで帰ったのですって。

    チェルシーらしくてかわいいな。








     
    | '14.09 台湾 | 23:04 | comments(0) | - |
    8ヶ月ぶりの台湾

    9月に台湾に来るのは初めて。
    まだまだ暑いとは思っていたけど、本当に暑い。
    33℃。

    空港内の中華電信で、いつものように台湾用SIMカードに差し替え
    1週間分のチャージをする。
    500元(約1,800円)。
    今日はいつもいる店員さんと違うせいか、設定にえらく時間がかかった。
    30分以上手間取った。

    タクシーで東門駅近くにあるホテルへ。
    そこは品墨良行がある永康街のある駅。いい場所に宿をとったわ。
    チェックインは15時。
    でもまだ12時。
    荷物だけ置かせてもらおうと思っていたら、
    もうチェックインしていいと言うわ。
    うれしい。
    朝7時の飛行機で来たから、ひと休みしたかったところだもの。


    ちょっと昼寝して、散歩に出た。



    しかし暑い。
    外で麻雀してるおじさんもお腹丸出しよ。



    牙醫とは歯医者のこと。
    台湾は歯医者だらけな気がするけど、
    日本でもそうなのかしら。



    やはり台湾の空気は、しっくりくる。






    1年前、部屋探しの時に訪れた
    環浪商號 acrocc the ocean でお茶しよう。





    台湾のアイスコーヒーはおいしい。

    生活用品店でいいもの見つけた。
    食卓用蚊帳。



    かわいいな。


    6時くらいに品墨に行く約束。
    暗くなってきた。



    なんだかもう懐かしいという感覚はない。
    いつもの生活という感じだわ。



    品墨に到着。



    お久しぶり!



    かわいいチェルシー。
    4月に1人で日本に遊びにきた。
    なので会うのは5ヶ月ぶり。



    ピクニックしよう!といつも言っていたのよ。
    チェルシーは自作のピクニックシートを見せてくれたわ。
    かわいいったらない。
    刺繍も自分で。



    現在2号店は改装中。
    アール姐さんの布作品と、クッキーとケーキをメインにするんですって。
    ケーキは予約販売のみで、作っている様子が見られるように
    厨房をもう少し本格的なものに変えるらしい。



    ともかくみんな元気でなによりだ。


    7時、仕事が終わり
    チェルシーと香港ジャッキーと
    バスで大安駅へ。
    とっても美味しい台湾料理が食べられるお店があるんですって。



    饞食坊という台湾料理にこだわった居酒屋。



    レゴも合流。

    梅酒で乾杯。





    ピータン豆腐。
    衝撃的な美味しさだった。



    花椒麺。
    これは初めて食べた。美味しい!
    平麺に酸っぱいようなタレが絡み、胡椒が効いている。

    台湾にはまだまだ知らない
    美味しいものがあるんだろう。恐るべしだ。




    魯肉飯。この安定感。間違いない。





    その他、串揚げとか唐揚げとか。
    いい味だった。

    香港ジャッキーが魯肉飯をもう一杯食べたいと言い出したわ。
    するとどういう流れか、みんなの前で歌を歌ったら
    魯肉飯をタダでもらえるって。

    ならばと香港ジャッキーと二人で
    ポリスストーリーの主題歌「英雄故事」を披露することに。

    なんだこりゃ?



    お客さん、ポカンとしていた。

    よくやった、とオーナーが魯肉飯を出してくれた。
    不思議な経験だったわ。


    楽しい台湾1日目の夜だった。






     
    | '14.09 台湾 | 23:30 | comments(0) | - |