台湾生活
永晶ホームページ
永晶
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
社員・アルバイト募集中!
東京都世田谷区池尻世田谷ものづくり学校
にあるデザイン事務所。
イラスト、WEBデザインを主に
行っています。
  • 株式会社アザイコミュニケーションズ
  • White Page
    自分で更新できる!ホームページ制作
    ちゃんと機能するホームページで
    WEBマーケティングをしっかりフォロー!
  • 東京都世田谷区 【三軒茶屋・池尻大橋】
    ホワイトページ (世田谷ものづくり学校内)
  • OTHERS
    1週間の終わり

    朝、ホンイェンが出かけるの準備をしている音で目が覚めた。

    台湾の女性は化粧をあまりしないせいか、
    みんな準備が早い。
    あっという間に仕事へ行ってしまった。

    10時ごろ、イレブンが朝ごはんを買ってくると
    出かけて行った。

    10時半、出勤前のデービッドがやってきて、一緒に朝食。
    イレブンとデービッドも久しぶりなんだそう。



    三明治(サンドイッチ)蛋餅(卵クレープ)貝果(ベーグル)。



    二人がすごい勢いで話しているのを見るのも久しぶりだから
    聞き取れなくても楽しかった。

    仕事に行くデービッドを送りがてら、
    マンション地下にあるカラオケルームを見に行ってみた。



    すごい!
    マンションの住民は自由に使えるんですって!
    かなり広い。



    最上階には入居者用のスポーツジムもあるらしい。

    次来た時はここでカラオケ大会をすることにした。
    台湾の歌のバリエーションを増やしておかなくっちゃならないわ。


    午後4時の松山空港発で帰るから、2時半にここを出ればいい。
    まだ2時間くらいあるから、買物に出かけた。


    今日も汗ばむ暑さ。上着は必要ない。

    友人に小慢のお茶を買って来てくれと頼まれていた。
    お店の地図を見ると、イレブンの家のすぐ近く。
    師範大学の裏。



    小慢って雑誌などでは良く見かけていたけど、来るのは初めて。
    イレブンも知らなかったって。



    門は開いていたけど、中に人がいない。まだ開店前みたい。



    奥から女性が出て来て、開店前だけどOKと言ってくれた。
    もう1人アルバイトらしき女の子が来て、日本語でお茶の説明をしてくれたから
    「日本語できるんですね」
    と言ったら、日本人だった。
    師範大学に留学に来てるんですって。
    中国語はまだあまり話せないと言っていたけど、
    ここでアルバイトさせてもらえるなんて素晴らしいことだわ。

    有機甘露白茶、白毫烏龍茶、文山包種茶を買った。



    今度はここでゆっくり飲んでみたい。


    しかし外は暑い。



    ここでなにか飲もう。



    台湾のドリンクの種類は日本と比較にならないほど多い。
    注文次第でどんな組み合わせもしてくれるんじゃないかしら。
    ここでは烏龍茶+リンゴジュースを注文。
    さわやかでおいしい。


    古亭駅の近くの市場を通ると





    おいしそうな屋台に吸い込まれた。





    私は平麺にした。
    滷蛋と豆腐干と香菜。このセット毎日食べたいなあ!

    混んでるし、目の前で調理してるし、真夏みたいに暑かった。

    食べ終わり、近くの頂好(台湾にたくさんあるスーパー)で買物。



    調味料コーナーでシナチクを選んでいると、
    「これオススメ」と言ってイレブンが手に取ったのは「腐乳」の瓶。
    腐乳とは豆腐を発酵させた調味料。
    それを使った料理は食べたことがあるけど、実物を手に取るのは初めて。

    炒め物とかに少し入れるだけで格段においしくなるから!と
    お土産に2瓶持たせてくれた。

    イレブンの家に戻ると、ホンイェンのお母さんが作ったという
    辣椒(唐辛子の調味料)も少し分けてくれた。
    手作りだからとってもおいしいって。
    味見をしたら激辛だった。けどおいしい。



    荷物を整理して、2時過ぎにタクシーを呼んでもらった。


    イレブンには本当に本当にお世話になりっぱなしだった。
    非常感謝。
    早く日本に遊びにくるといいな。



    次は猛暑の台湾を経験したい。








     
    | '14.01 台湾 | 23:16 | comments(0) | - |
    春聯を書く

    9時起床。
    10時にジアホイ姐さんが車で迎えに来てくれることになっている。

    準備を済ませ、宿内を散歩してみる。
    いい天気。






    今日は昼から焼き肉。
    前々からイレブンが決めてくれていた焼き肉屋。



    高級そうな焼き肉屋だわ。
    入ると店員さんが「いらっしゃいませ!」と日本語。
    日本式焼き肉って感じかしらね。
    壁にも着物を着た女性の絵が描いてあったりする。

    まず席に着くと、お冷やの替わりに鶏湯スープが出てくる。
    それが熱々で最高においしい!
    ポットで持ってきてくれるから、ぐいぐい飲んでしまった。
    肉がくる前にお腹がいっぱいになってしまう。



    こんなアフターヌーンティーのような肉の出し方、すごい。



    とにかくすごいボリュームだった。
    2人前のセットを頼んだらしいのだけど、
    サラダ、肉、魚介、ご飯、ドリンク、デザート、
    盛りだくさんなんてものではなかった。
    3人でかかっても食べきれない。

    おいしくて大満足したけど、食べ過ぎた。
    何も考えられないくらい満腹になってしまった。

    焼き肉店を出ると、次は杏仁茶の店へ連れて行ってくれると言うわ。
    お茶が入る隙間もないくらい苦しい。



    車を停めて路地へ入ると、こじんまり緑の杏仁茶専門店「三時茶房」。



    2階は赤と緑でとてもかわいい。



    イレブンは杏仁が嫌いなんですって。特に匂いがいやらしい。
    だからチョコレート杏仁茶を頼んでいた。



    胡麻杏仁茶にはすり鉢ごと出てくる。



    杏仁茶に油條(揚げパン)をつけて食べるのが一般的なんだそう。



    熱々でこってりとしていて、すごくおいしい。



    杏仁豆腐も頼んでくれた。
    台湾の杏仁豆腐にはクコの実がのっていないのね。
    日本のには必ずのっていると言ったら驚いていた。信じないから画像検索して見せたほど。

    濃厚でおいしい!

    さらにお腹がふくらんで、次に向かったのは
    二人が知り合いの書画家のアトリエ。

    春節前のこの時期には、街に春聯(チュンリェン)が売られているのを
    良く目にする。
    春聯とは、春節に家の入口などに貼る赤い紙のこと。
    その紙には対になっている縁起の良い言葉を書く。

    私はこれが大ーー好き。
    赤い紙が貼ってある壁を見るだけで興奮するわ。幼い時から。
    自宅にももちろん貼ってある。

    それを知って、二人は私のためにそこに連れて行ってくれた。



    この建物に書画家涂昌裕さんのアトリエがある。
    扉の春聯はきっと先生のね。



    4階まで薄暗い階段を上って行くと



    広くて気持ちのいい部屋が現れる。
    墨の良い香り。





    左が涂先生。以前3人は同じ職場だったそう。





    先生は良寛の書が一番好きなんですって。
    長ーい巻物を見せてくれた。



    間違えた箇所もそのまま残すような、自然なところが好きなんだそう。





    それぞれ好きな茶器を選ばせてくれ、それでお茶を飲む。



    書を書く時の話を聞いていると、すごく太極拳と通じるところがある。
    気を丹田に納め、書くことに集中する。



    美しい!

    自分で春聯を書いてみる?と先生が提案してくださった。
    私は左利きということもあってか、小学校の時から習字はへったくそ。
    だからお断りしたのだけど、自然に書けばいいのだよ、との先生のお言葉で
    書いてみることにしたわ。



    まずお手本を書いてくれ、



    それを真似ればいいようにしてくれたわ。



    右手でチャレンジ。その方が上手くいくかと思って。





    右が私。



    篆刻を押して仕上げ。

    愛する「囍」にもチャレンジ。



    美しく書くバランスを教えてくれる。



    これは更に難しいわ。



    これにも名前と篆刻を押して仕上げ。


    先生のは当然ながら全然違う。



    これはプレゼントしてくれた。


    自分で春聯を書くなんて、とっても素晴らしい体験だったわ。
    さらにプロが書くのを生で見られるなんて、本当にエキサイティングだったわ!



    謝謝みなさん。


    かなり長居してしまったので、気がついたら6時30分くらいになっていた。
    帰りの電車は、台中駅7時20分発。
    先生とお別れし、急いで車に乗り込んだ。

    次に向かったのは宮原眼科。
    アイスやお菓子、雑貨などいろいろなものが買える
    内装もオリジナルパッケージも最高に素敵なお店。
    イレブンは実家にお土産を、私も選んでいる時間がないから
    同じものを買った。
    写真を撮る余裕はない。

    ジアホイ姐さんと次は日本で会いましょうと言ってお別れをし、
    午後7時20分、台中を出た。

    台北に戻ったら、デービッドと会う約束をしているわ。
    到着は9時30分くらいだから10時過ぎちゃうかしら。

    でも春節前でデービッドはとても忙しそう。残業続き。
    とりあえずイレブンの家に戻り、デービッドからの連絡を待つ。

    10時過ぎ、イレブンのルームメイト、ホンイェンが仕事から帰って来た。
    大学の同級生3人で、ずっと一緒に住んでいるのですって。
    もう1人は実家に帰っていて留守だった。



    とっても明るいホンイェン。初めて会った気がしなかった。

    「コーヒーでも飲む?」とイレブン



    サイフォンで入れてくれるとは思わなかったなあ。
    毎日こうして飲んでるんですって。



    ミルクも温めて、泡立てて、チーズケーキと一緒に出してくれた。
    喫茶店みたい。
    すごくおいしくて感動的。

    12時を過ぎてもデービッドは仕事が終わらない。
    なので明日の朝、出勤前に家に来てくれるとのこと。
    一緒に家で朝食を取ることになったわ。
    本当にお疲れさまね。










     
    | '14.01 台湾 | 23:42 | comments(0) | - |
    イレブンと台中旅行

    今日はイレブンと台中旅行。
    9時に台北駅発の台鐵(鉄道)に乗る。

    7時50分にホテルをチェックアウトし、
    タクシーに乗ってイレブンの家へ向かった。

    古亭駅からほど近いイレブンの住むマンションはとても綺麗。
    1階でチャイムを鳴らすと、10階から降りて来てくれた。

    久しぶり!7ヶ月ぶりの再会よ。
    髪も伸びていたし、少し痩せたんじゃないの。

    スーツケースを家に置かせてもらい、出発。
    MRTで台北駅へ行き、自強号のホームでイレブンが買っておいてくれた
    朝食のパンをいただく。



    朝早かったから電車では爆睡してしまった。
    約3時間、台中駅に到着。



    台中は台北よりも寒暖の差が激しいそうよ。



    昼間は暖かい。

    前回台中に来たときにお邪魔したデザイン会社の
    クンちゃんたちと一緒に昼食をとる予定。
    道に迷っていると、道路を挟んだビルの管理人の男性が
    大きな声で話しかけてくれた。
    イレブンが店の住所を伝えると、行き方を教えてくれたわ。
    まったく親切で驚いちゃう。

    着いたのはジアホイ姐さんおすすめの台湾料理屋「隨意窩」。



    ナタリーちゃんとクンちゃん、会うのは2度目。



    先にレジで料理を注文する。




    猪油飯。台湾では定番の豚のラードがけご飯。





    おいしくて夢中で食べた。




    今日泊まる所は、クンちゃんたちおすすめの
    素敵な宿なんですって。
    イレブンがずいぶん前から予約してくれていた。
    クンちゃんは、もし今日予約が取れたらそこに泊まるって言っているわ。
    近くに住んでいるのに、宿に泊まるってどういうこと?
    それくらい居心地がいいらしい。
    でも人気だから、多分当日だと無理だって。5部屋しかないとのこと。

    店を出て、クンちゃんたちと別れ、髪を切りに行くべく美容院へ向かった。
    イレブンの友達の美容師さんに、やっと切ってもらえる日がきた。
    私が台湾にいた3ヶ月間、彼はオーストラリアに住んでいた。
    最近台中に帰って来て、自分のお店をオープンさせたのよ。

    髪にクセがあるから、乾かし方なども教えてくれて、
    とっても親切で上手だったわ。
    Freedom Space JOE





    イレブンは最近切ったばかりらしく、セット&ブローのみ。

    いくらくらいするのかどきどきしていたら
    500元(約1,700円)と言われたのよ。驚いた。
    こんなにちゃんとしてもらってこの金額なら、毎月通っちゃうなあ。

    ちょうど二人とも終わる頃、ジアホイ姐さんが車で迎えに来てくれた。

    これから向かうのは、今日オープンするセレクトショップ「cut&paste」。
    以前お会いしたVictor Designのクオさんの奥様が開いたお店。
    偶然にも開店日に立ち会えるなんて、運がいいわ。
    奥様にはお会いしたことがないけれど、すごく美人という話は聞いている。
    楽しみ。

    ジアホイ姐さんの勤めている博物館に車を停めて、
    20分ほど散歩しながらお店へ向かった。

    広い遊歩道が気持ちいい。





    手作りの椅子を自転車にのせて売っているおじさんとか、



    手作りスープを売っている夫婦とか。
    ジアホイ姐さんが3種類買ってくれた。
    かぼちゃスープ、ポテト&タマネギスープ、アップルシナモンスープ。
    30元(約102円)。パン付き。



    濃厚でおいしかった。

    すごく迷い、たどり着いたころには日が沈みかかっていた。







    うわさ通りのとびきりかわいい奥様が迎えてくれたわ。
    1点もののかわいい洋服や小物が並んでいる。

    2階は、向かいにも店舗がある家具屋さん。





    クオさんとも再会できてよかった。
    クンちゃんは看板のイラストを描いたり、お仕事中。

    住宅街にひっそりと佇むかわいいお店。
    cut&paste


    けっこう長居してしまい、外は真っ暗。
    夕飯を食べに、SOGOのレストラン街へ。



    酸菜白肉鍋。
    とってもおいしいのだけど、これを1人で食べると
    満腹すぎて声が出ない。

    腹ごなしにデパートをプラプラしながら、
    今度は日本のデパートを3人でプラプラすることを約束したわ。

    宿の近くまで車で送ってもらい、ジアホイ姐さんとは一旦お別れ。
    おりた場所から地図を見て宿を探したけれど、またもや見つからない。
    宿に電話をして迎えに来てもらうことに。

    30代半ばくらいかしら?若い男性のオーナー。
    お若いのにやるなあ。
    けっこう遠くまで迎えに来てくれた。



    赤い門をぬけると



    かわいいドア。



    1階は共有スペース。

    オーナーがお茶とパイナップルケーキを出してくれ、
    それをいただきながら宿の説明を聞く。



    本を読んだり、お茶を飲んだり、台所も自由に使ってよい。
    棚にはラーメン等が常備されている。それも自由。

    イレブンがカバンから、なにやらケースを取り出した。
    なんとそのケースの中には、私が絵を描いた品墨良行のポストカードがたくさん。
    「アキコ、これに手紙を書いてオーナーにあげなよ」

    イレブンたら、なんて素敵なことしてくれるのかしら。
    そういう時のためにポストカードを用意してくれているなんて。
    泣けちゃう。

    10時ごろオーナーは自分の家に帰る。

    パパイヤミルクを飲みに、夜市にくり出すつもりだったけど
    居心地がいいから宿でゆっくり過ごすことにした。



    パソコンも自由に使える。



    シャワー、トイレ、洗面所は共有。
    1階と2階に両方あるから便利。


    ベッドのシングル部屋。


    シングル3部屋、ダブルが2部屋、合計7人だけが宿泊可能。

    私たちは布団の2人部屋。



    なにより感動したのは暖房が付いていたこと。
    部屋に入るなりイレブンが
    「暖房付いてるよ!」と叫んだものよ。

    夜には少し寒くなっていたから
    暖房が付いているのはとても助かった。

    台湾に来て久しぶりに暖かく眠れた。


    靜巷六弄






     
    | '14.01 台湾 | 23:14 | comments(1) | - |
    はじめてのYouBike

    今日は当初ぺぺちゃんたちと九份に行く予定だった。
    けど昼間仕事だったりで行けなくなったとのこと。
    なので夕方5時の集合に変更。

    12時にホテルを出発し、MRT板南線沿いの忠孝東路四段をひたすらまっすぐ東へ。
    今日も夏みたいに暑い。
    上着を脱いだけれど、セーター1枚でも汗が出てくる。



    途中耐えられなくなって水分補給。



    オレンジで割った中国茶の中に、細かく刻まれたフルーツがたくさん入っている。

    1時間ほど歩き、そろそろ忠孝復興駅に着いてもいいころなのに
    一向に駅が姿を現さない。
    仕方がないから携帯で地図を見ると、なぜか違う方向に進んでいた。
    でもすぐ軌道修正したから大丈夫。

    忠孝復興駅、忠孝敦化駅周辺は東区と呼ばれるホットなエリアよ。
    駅の北側をあまり散策したことがなかったから、
    今日はそこを徹底的にうろつくことにするわ。

    原宿みたいな感じかしら?
    洋服屋とかカフェとかがたくさん。

    旧正月が近いから、トランクがこんなおめでたい赤で埋まっている。




    3時に小腹が空いてきた。
    5時まであと少しだけれど、我慢ができそうもない。

    通りがかりのCostumice Cafeってとこに入ってみた。





    のんびりしていたらもう4時50分!
    急いで電車に乗り、待ち合わせの台電大樓駅へ向かった。

    ぺぺちゃん、デービッド、シュエシュエくん、チチちゃん
    そして今日初めてのピンポンくん。









    パンダも遅れてやってきた。
    去年の9月、日本で行われていたアートブックフェアで、
    台湾から来ているブースが3箇所あった。
    そのうちの1ブース「waterfall」にパンダがいた。
    パンダはwaterfallというアートブックの編集長。
    ペペちゃんたちから話を聞いたことがあったからすぐわかったわ。

    なのでパンダと会うのは2回目。



    ケーキの後は熱炒(台湾居酒屋)へ移動。
    自転車で移動すると言っているわ。

    ついにYouBikeに乗る日がきたのね。
    YouBikeは台北のいたる所に設置してあるレンタサイクル。
    悠遊卡で登録手続きをするか、クレジットカードでも借りることができるみたい。
    30分までは無料。その後は30分ごとに10元(約34円)。
    近くの専用駐輪場に返却できる。24時間利用可能。




    便利ねえ。
    台北の人たちはみんな利用しているって。







    私は登録していないからデービッドが貸してくれた。



    春のような台北の夜、自転車を走らせるのは最高に気持ちがよかった!



    着いたのはここ。3ヶ月の最後に品墨のみんなと来た熱炒。



    暖かいからみんな外で宴会している。







    台湾ビールもおいしい。ご飯もおいしい。


    食べるのに夢中で、気がついたら周りに誰もいなくなっていた。



    一気に寒そう。

    もう11時くらいになっていたかしら、この後デービッドの家に行くっていうわ。
    私は明日台中に行くため、6時半起きだから遠慮した。

    ぺぺちゃんたちと次はいつ会えるかな。
    またすぐ会えるといいな。












     
    | '14.01 台湾 | 23:30 | comments(0) | - |
    チチちゃんとシュエシュエくんとデート

    今日は12時に中山駅でチチちゃんと待ち合わせ。



    中山駅のすぐ近くに住んでいるシュエシュエくんも来てくれるとのこと。
    上着が着ていられないくらい暑い。



    少し早く着いてしまい周辺を散歩していると、シュエシュエくんと
    バッタリ会った。
    間もなくしてチチちゃん登場。
    チチちゃんとは8月に日本で会ったきり。
    冬のチチちゃんに会うのは初めてだなあ。
    ダウン姿もかわいいなあ。



    まずは台湾のソウルドリンク50嵐へ。



    大粒タピオカは煮るのに30分かかると言われ、小粒にしてもらった。



    それから昼食へ。
    「何が食べたい」と聞かれたから、チチちゃんが普段食べているものと答え
    連れて行ってくれたのは自餐助。
    自餐助とはセルフサービスのお店。
    自分でおかずを取るお店もあるけれど、ここはお店の人に取ってもらう形式。





    チチちゃんの近況を聞いたり、シュエシュエくんの
    最近作っているPVのアニメーションを見せてもらったり。

    50嵐を飲みながらの食事は、腹がふくれるったらない。


    中山駅に来た目的は、チチちゃんが1月まで勤めていた
    ジュエリーショップに行くため。





    写真では見たことあったけど、本当にこんな大きなスペースに
    チチちゃん1人でいたんだあ、と感動したわ。

    オーダーメイドのお店で、店頭にはあまり商品は飾られていない。
    お客さんの希望を聞き、チチちゃんがデザインしていたんですって。





    今までのデザイン画をたくさん見せてもらった。

    その後、歩いて華山1914文創園区に向かった。
    そこは日本統治時代の酒工場をアートスペースに改装した場所。
    お店があったり、映画館があったり、作品が展示してあったり、敷地はかなり広い。

    途中広場を通ると、木に向かっておばさんが何か叫んでいる。
    どうやら木の上に下りられなくなった猫がいるみたい。





    震えている。かわいそうだけど下ろしてあげるのは難しそう。
    レスキュー隊に救助の電話をしていたみたい。

    私の知る限り、みんな猫か犬を飼っている。
    動物が大好き。


    この通り。


    そして向かったのは華山1914文創園区内にある「好様思維 VVG Thinking」。
    1階がカフェで2階は本、雑貨、洋服などが売っている。



    ここで昔の台湾のお茶碗を買った。



    今晩チチちゃんは尾牙(忘年会)があるから6時くらいでお別れする予定。
    まだ時間があるから、昨年新しくオープンした誠品生活松菸店に
    連れて行ってもらうことにしたわ。

    MRTに乗って市政府駅で下車。



    歩いて5分くらいの所に突如として大きな建物が!



    こりゃすごい。
    上はホテルなんですって。泊まってみたいわ。さぞかし綺麗でしょうね。



    暖かいから芝生で昼寝もしちゃう。
    なんとも平和な光景。

    1階はデザイナーズの服屋など。2階は生活用品やお土産によさそうな雑貨、食品。
    地下はフードコート。3階は書店。





    疲れたから早々に地下のフードコートで休憩することにしたわ。
    どこのお店に入るか迷っていると、とあるカフェの店員さんが「わあ!」とチチちゃんに話しかけてきた。
    お互いびっくり。友達ですって。
    ちょうどいいわ。この地下でどのカフェがオススメか聞いてみた。
    すると「どこも特別オススメではない」という驚きの返事だった。

    ケーキの見た目で好樣情事 VVG Actionに決めた。


    人参ケーキ。280元(約952円)。
    高い!


    レモンケーキ。


    ベリータルト。

    「ここの店員さん男ばっかりだね」とか他愛もないことを
    話していたら時間になってしまった。
    帰りは平日ということもあって、帰宅ラッシュ時にぶつかり
    ぎゅうぎゅうの電車に乗り込むはめに。

    また明日と言ってお別れした。
    帰る場所があのホテルだと思うと少し憂鬱。

























     
    | '14.01 台湾 | 23:46 | comments(0) | - |
    7ヶ月ぶりの出勤

    起きたら9時だった。
    「12時くらいに行く」と香港ジャッキーにメールをしたら
    「NO」と返事。厳しいわ。

    今日も快晴。



    11時半に品墨に着くと、チェルシーが隣の席をあけてくれた。
    3ヶ月過ごした香港ジャッキーの隣の席には、足下に棚が置いてあって
    座れなかった。

    チェルシーの横は、以前デービッドが座っていた席。



    最近やった仕事を二人が次々に見せてくる。
    本屋のロゴや名刺、おもちゃ屋のパンフレットやシール、
    ケーキのパッケージ等等。
    二人ともとても素敵なデザインをする。
    関心しちゃうし、見せてくる姿がかわいいったらない。

    相変わらず仲がいい二人。



    朝なにも食べないで来たから、早々にお腹が空いてしまった。
    12時半ころ昼ごはんを買いに出発。



    懐かしい後ろ姿。
    左は新しいデザイナーのオノさん。
    なぜオノさんという日本人のような名で呼ばれているかは
    よくわからなかった。



    淡江大学の前にあるTERRACEというお店でお弁当をテイクアウト。
    前からあったらしいけど、気がつかなかったわ。
    最近はここで買うことが多いんですって。



    アール姐さんの仕事場は2号店に移ったから、今はその場所に
    テーブルを置き、優雅に昼食。





    チェルシーのお弁当。おいしそう。



    私はオムレツ弁当。
    香港ジャッキーは風邪をひいていて、何を食べても味がしないんですって。
    かわいそうに。
    台湾の冬は昼と夜の温度差がはげしいから
    みんな風邪をひきやすいらしい。



    これ風邪薬ですって。袋に入っているとろっとしたシロップをなめる。
    ちょっとなめてみな、と香港ジャッキーが一口くれた。
    とっても甘くておいしい。これは日本に買って帰ろう。

    夕方眠くなってきてしまったから、散歩がてら2号店へ。
    50メートルくらいの場所にある。



    お客さんがたくさん。



    焼きたてクッキーのおいしそうな香りがするわ。



    ここで焼いている。
    試食させてくれた。ありがとうティンユィ。

    7時に仕事が終わり、チェルシーと香港ジャッキーと
    師範大学裏へ鶏肉飯を食べに行くことに。

    品墨から歩いて15分くらいかかったかな。
    龍涎居という薬膳鶏鍋料理のお店。
    お店の名前の「涎」説明するために、香港ジャッキーがよだれを
    口から垂れるギリギリまで出して教えてくれたわ。



    鶏肉飯。最高。
    食べ終わって店を出ようとしたら、お友達と食事に来た
    アール姐さんと偶然バッタリ。
    人気店なのね。

    店を出ると、香港ジャッキーのお友達が近くにいるというので
    合流することにしたわ。



    師大裏のお店などをプラプラ散策。
    そのあとカフェで休憩。



    初めて会った気がまったくしなかった。



    チェルシーが洋服を裏返しに着ていたことが発覚。
    チェルシーらしくてなんともかわいい。



    11時の閉店ぎりぎりまでいた。

    ホテルに戻ったらまた12時を過ぎていた。












     
    | '14.01 台湾 | 23:57 | comments(0) | - |
    2ヶ月ぶりの台湾

    2ヶ月ぶりの台湾。
    1月の台湾は初めて。

    日本を発つ何日か前から、イレブンが台北の天候状況をいつもメールで
    送ってくれていた。
    「すごく寒いから着込んでくるようにね」とか
    「昼と夜の温度差が大きいからマフラーは必ず持ってくるように」とか。
    それでもさすがに日本よりは寒くないだろう。

    12時、松山空港に到着。
    まず空港の中華電信のカウンターで、台湾用のSIMカードに差し替え
    1週間分のチャージをする。500元(約1,700円)。
    このSIMのおかげでいつも同じ電話番号が使えるのが助かるわ。

    外は快晴!



    とても暑い。
    半袖の人もいる。ダウン着てる人もいる。
    相変わらずタクシーは冷房をかけている。
    わけがわからない。

    ホテルは台北駅の近くの城美大飯店。
    そこに22〜25日まで宿泊。26〜27日イレブンと台中に旅行に行き、
    27日はイレブンの家に一泊、28日帰国予定。

    ホテルのチェックインは15時だから、まだ時間がある。
    荷物をロビーに預け、近くの食堂で昼ごはん。


    50元(約170円)。安い。おいしい。

    15時にホテルに戻りチェックイン。
    窓がなく、狭くて切ない。しかも冷房がついていて
    キンキンに冷えているわ。
    台湾には暖房という概念がないようよ。
    冷房を消してもなんだか寒い。
    布団は薄い。けど朝早かったからすぐ昼寝できた。
    そのあと品墨良行へ向かった。

    今日は品墨良行の尾牙。
    「尾牙」とは台湾の忘年会。社長がみんなにごちそうするんですって。
    台湾の旧正月、春節前のこの季節は尾牙の季節でもある。
    6時半〜7時ころ品墨に来るようにとのことよ。

    タクシーで向かっていると、香港ジャッキーから
    「今どこ?もうみんな出発準備できてるんだけど」
    とのメール。
    到着すると、もうみんな事務所の前に集まっている。

    2台の車にぎゅうぎゅうに乗り込み出発。
    陽明山にあるレストランで食事ですって!



    素敵!
    山だからさすがに寒いけど、テラスにはカップル席がたくさん。





    王さんは遅れて来るらしいわ。
    みんなでお先にいただきます。











    エビとか蛤とか肉とか野菜とか。
    大きいボールに盛られた白いご飯がみるみるなくなっていく。

    王さん一家が到着し、小亨利一家やご友人などさらに10人くらい加わり、
    王さんの挨拶で乾杯。



    尾牙は会社によって、いろいろな出し物があるんですって。
    くじ引き大会が始まったわ。



    1位の人にはボーナス!



    すごい!これはうれしい。
    みんなそれぞれ違う景品が当たって、大盛り上がり。







    デザートも食べたし、たくさんしゃべったし、
    一年に一度の尾牙も経験できたし、満足。

    車でホテルまで送ってもらい、着いたのが夜中の12時くらい。

    明日はやらなくてはいけない仕事があるから、
    品墨でまた席を借り、仕事をさせてもらう予定。
    昼くらいに行こうかなと思っていたのだけど、
    「9時半には来い」と、チェルシーと香港ジャッキーが譲らない。
    起きられるかしら。




     
    | '14.01 台湾 | 23:29 | comments(2) | - |