台湾生活
永晶Instagram
永晶
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
受講生募集中!
東京都世田谷区池尻 世田谷ものづくり学校
にある小学生向けプログラミング教室。
オンライン講座、無料体験会も
随時行っています。
  • 世田谷ハツメイカー 研究所
  • WWW世田谷ハツメイカー 研究所
  • 永晶 NAGAAKI オンラインショップ
    エアアジア・ジャパン公式オンラインストア
    エアアジア・ジャパン
    台湾現地ツアーならMyTaiwanTour!
    台湾専用!4G LTE無制限レンタルWi-Fi!
    OTHERS
    金雞母のかき氷

     

    今日の18時25分の飛行機で帰国。

     

    12時にチェックアウトを済ませ、

    スーツケースをロッカーに入れるため、

    その足で松山空港へ。

     

     

    24時間で360元(約1300円)。

     

     

    短時間用もあるみたいだけど、

    今からだと4、5時間は預けなければならないから

    24時間コース。

     

    1時にチチちゃんぺぺちゃんと忠孝復興駅の上善豆家という店でお昼ご飯。

     

     

    豆腐や豆漿を使ったメニュー。

    注文したのは豆腐団子鍋と胡麻豆漿。

    実際料理がきたら、鍋が小さくて驚いた。

    手の平サイズ。

    単品で頼んだけど、セットだと色々付いていて豪華。

     

     

    ぺぺちゃんの旦那さん、モンキー。

     

     

    新婚の二人のやりとりを見ているのは楽しい。

     

    食事を終え、どこでデザートにするかの話し合い。

    前から行ってみたいかき氷屋さんがあった。

    東門駅にある金雞母。

     

    行ってみよう、ということになり

    4人でタクシーで乗った。

     

    行きがてら、デービッドにも声をかけた。

    近くに住んでいるからよ。

     

     

    到着したのはいいが、すごく混んでいる。

     

     

    小さな店内に席も数える程。

    外で待つにもこの暑さ。応えるわ。

     

    デービッドも合流。

    昨晩「元気でね、またね」とお別れしたばかり。

    「まさか今日また会うとは」となった。

     

    ここのかき氷は写真で見ただけだけど、

    食べてみたいと思わされた。

    なんだか美味しそう。

     

    みんな写真撮ってる。

     

     

     

    作っているところがガラス越しに見える。

    たっぷり小豆、美味しそう。

     

     

    あらかじめ注文のシミュレーション。

     

     

    ぺぺちゃん撮影などしながら時間を潰す。

     

    待つこと約30〜40分、

    5人同時に入ることができた。

     

     

     

    まず初めにきたのは春暖大花玫瑰冰。90元(約324円)。

     

     

    バラのかき氷。中に小豆が隠れている。

     

    そして紅茶のブリュレかき氷。

    上のクリーム部分を目の前でバーナーで炙って仕上げてくれる。

     

     

     

     

     

    どれも独創的でとても美味しい。

    一度訪れてみる価値はあると思うわ。

     

     

     

    金雞母

    台北市中正區杭州南路一段143巷36號

     

     

     

    食べ終わると、ちょうど空港に向かうのに良い時間。

     

     

     

    今回もみんなに会えて楽しい滞在だった。

    またすぐ帰ってきたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:02 | comments(0) | - |
    品墨良行でアルバイト

     

    台風一過で天気は晴れ。

    今日も暑そう。

     

    お昼に品墨に行って、

    みんなとお昼ご飯を食べる約束。

     

     

    王さんがお昼に仕事で出てしまうというから、

    11時に着くようにホテルを出た。

     

     

     

    品墨の事務所は度々模様替えをする。

    以前みんなの席があったところは、現在紙の販売店として、

    みんなの席は、去年私が展示をしたスペースに移動している。

     

    その配置になって行くのは初めて。

     

     

    久しぶりの品墨。

    相変わらずみんな元気で楽しい。

    最近手がけた仕事を見せてもらったり、

    お土産を食べたり、ジャッキーシールをあげたり。

     

    すると王さんが、

    「このシールのデータある?

    これでバッグが作れるよ」

    ですと!

    最近導入したプリンターで、防水加工された特殊な紙にイラストや写真を印刷し、

    アール姐さんがその紙でバッグにしてくれる。

    ものの30分くらいで引渡し可能らしい。

    すごいサービスを始めたわ!

     

    バッグとブックカバーとペンケース。

     

     

    残念、あいにくデータは持っていない。

    すると王さん、携帯でシールを撮影。

    それをアーグイに送り、アーグイが素早い手さばきで

    綺麗なデータに整え、印刷するとこまでやってくれた。

     

     

    プリンターのある地下へ。

     

     

     

    ジャッキー出てきた!

     

     

    それを持ってアール姐さんのところへ。

    作っておくからお昼に行ってらっしゃいと。

     

     

    楽しみすぎるわ!

     

    みんなで永康街に繰り出した。

     

     

     

    2号店は相変わらず賑わっている。

     

     

     

    新しくできた店らしい。

     

     

    セットはボリューム満点。

    魯肉飯を注文。

     

     

    好きな小皿を選ぶ。

    このシステムが日本にもあったらなあ、といつもいつも思う。

     

     

    宝石と見紛うばかりのこの照り!

    美しい。

     

     

    最近アーグイと王さん、瓜二つになってきた。

     

    食後は天仁茗茶でお茶を購入。

     

     

     

    事務所に戻ると・・・

     

     

    完成していた。

    ジャッキーバッグ!

     

    素晴らしすぎて、なんと言ったら良いかわからなかった。

    ともかく嬉しくてひっくり返りそうだった。

     

     

    小野さん、似合っているわ。

     

     

     

     

    4時にイレブンが東門駅に着き、

    そこからデービッドの家に行くことになっている。

     

    4時まであと1時間くらいある。

    せっかくだから1時間だけ品墨で仕事をもらうことにしたわ。

     

    2号店の方に移動し、

     

     

     

    ドライフラワーをカットする作業をもらった。

     

     

    2号店では自分の好きな紙や素材を選んでノートを作ることができる。

    ドライフラワーはその素材の一つ。

     

     

    黙々とカット。

     

     

    ここからお客さんが来るのを眺めるのは

    初めてで楽しい。

     

    何種類かカットし、仕事終了。

     

     

    ありがとう。助かりました。

     

    イレブンが迎えにきたので、品墨にお別れを言い、

    50嵐でドリンクを買い、デービッドの家へ。

     

     

    宇宙や進化論の話、台中での恐怖体験などを

    話しているうちに、シャオシャオ、アニタがやってきた。

     

    7時に永康街の喫飯食堂へ。

    チェルシーも合流。

     

     

    大人数ならここが一番。

     

     

    これに豚油飯を合わせれば、他に怖いものはない。

     

     

     

     

    みんながお腹いっぱいになった頃、

    本領を発揮するチェルシー。

    綺麗に平らげる。

     

    喫飯食堂を後にし、

    コンビニでビール等を買い、再びデービッドの家へ。

     

     

     

     

     

    明日にライブを控えているのに風邪をひいた

    フィンも、緑豆湯を手土産にやってきた。

     

     

    4年以上ぶりに会うチアリンも。

     

     

    みんな弾き語りを始める。

     

     

    みんな歌うのが好きだ。

     

    チェルシー&ジャッキーの家にお邪魔していた時は、

    しょっちゅう聴かせてくれていた。

    懐かしいな。

     

     

     

    楽しいナイトライブだった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:20 | comments(0) | - |
    台中で怖い話

     

    11時起床。

    外は曇り。

     

    12時にチェックアウト。

    ロビーで手続きの際、

    イレブンが「長い髪の毛が何本もあった。」

    とホテルスタッフに注意していた。

     

    掃除の人の不注意か、幽霊の仕業か、

    どちらかはわからないけれど。

     

    ホテルを出てまずバスで向かうのは

    タピオカミルクティー発祥の春水堂の創始店。

     

     

     

    イレブン曰く、他の春水堂とは味が違うらしい。

    インテリアも素敵だから、一度は行った方がいいと。

     

     

    途中、私の大好きな義美のお店へ。

     

     

    義美-IMEIとは台湾のお菓子メーカー。

    どれを食べてもすごく美味しくて、安心安全、老舗優良会社よ。

    台湾に行ったら必ず買って食べる小泡芙も義美。

     

    コンビニでもスーパーでも手に入るけど、

    ここは専門店、義美パラダイス。

    買い込むしかないわ。

     

    イレブンが絶対買った方がいいと勧めてきたのはこれ。

     

     

    チョコロール。

    サクサク生地にチョココーティング。

     

    店を出て早速食べてみた。

    ほーーんとうに美味しい!驚いた。

    いちご味とタロイモ味を買った。

    もっと買ってもよかった。

     

    私が義美義美うるさいから

    イレブンが名前を義美に改名しろと提案してきた。

    なかなか悪くないわ。

     

     

    道すがらの緑が美しい。

     

     

    春水堂創始店に着いた、と思ったら

     

     

    なんと

     

     

    工事中!

     

    せっかく来たのに。やっと来れたのに。

     

     

    おじさん大の字で寝てる。

    台湾でよく見る光景の一つ。

    工事中のおじさんが台の上で昼寝する姿。

     

    ここで朝食をとるつもりだった。途方に暮れたわ。

    何も考えず、目の前のお店へ入ることに。

     

     

    客がひっきりなしに来るから

    きっと美味しいはず。

     

     

    清燉牛肉麺。100元(約360円)。

    特別美味しいというわけではない。

     

    さあ、気持ちを切り替えて

    彩虹眷村へ行ってみましょう。

     

    彩虹眷村とは、

    もともと軍人村だった一角で、再開発のため取り壊される予定だったけど、

    一人のおじいちゃんが住宅地の壁一面に色とりどりの絵を描き、それが注目され、

    取り壊しは中止となり、保存されることになった、という場所。

     

    雑誌やテレビでもよく目にするからご存知の方も多いはず。

    私は実際行くのは初めてよ。

     

    バスを乗り継いで行かなければならない場所なので、

    時間圧縮のため、タクシーで向かうわ。

     

     

     

     

    なるほど、一人でこれを描いたとは、恐れ入ったわ。

     

     

     

    彩虹爺爺と呼ばれるおじいちゃん、独創的な絵を描く。

     

    注目されて、整備され、グッズ展開などもされているせいか、

    おじいちゃんの絵ではないだろう、というものもあった。

     

     

     

    アトリエも公開展示されている。

    今は使ってないのかしら。

    青、赤、タイル、ばっちり可愛い。

     

     

    ご本人にもお会いすることができた。

    90歳を超えているとは思えない。

    でも少しお疲れの様子。

     

     

    ジャッキーを置いて撮影してみた。

    なかなか良い。

     

     

    イレブンの大学はまさに彩虹眷村のすぐ近くだったらしいけど、

    一度も来たことはなかったと。

    観光地なんて遠くの人がわざわざ足を運ぶ所。

    地元の人にとっては日常だもの。

     

     

    そこからタクシーに乗り、宮原眼科へ。

     

     

     

    3年ぶりくらい。

    今日はたくさん買うぞ。宮原眼科のデザインは本当に素晴らしい。

     

     

     

     

    あまりにじっくり見ているから、日本語の上手な店員さんが

    色々と案内してくれた。

    トートバッグやお土産などを散々買い込み、

    最後に宮原眼科のビジュアルは一体誰がデザインしているのだ?

    と聞いてみた。

    宮原眼科のデザインチームが作っているとのこと。

    素晴らしいと伝えてください、と言付けをお願いした。

     

     

    忘れてはならない、宮原眼科のジェラート。

    鉄観音茶味とかスリランカ紅茶味とか、お茶味だけで

    ケースいっぱい並んでいる。

     

     

    鉄観音茶ジェラート。

    パイナップルケーキ添え。

     

    爽やか美味しい。

     

    お土産などたくさん買えて満足したから

    スターバックスで一休み。

     

     

    昨晩のブザーは一体なんだったんだ、という話から、

    話題は怖い話へ。

     

    昨日私だけ見ていたバラエティ番組の怖い話や、

    小学校の時にやったコックリさんの話、

    ついには宇宙の話にまで。

     

    見ている映画や考えていることが

    ことごとく同じだったことにお互いびっくりしたわ。

    類は友を呼ぶよ。

     

    夢中で話をしていたら、2時間も経っていた。

     

    時計を見てびっくり、

    帰りの電車の時間をすっかり忘れていた。

    急いでスターバックスを後にし、台中駅へ向かった。

     

    台北まで2時間ちょっと。

    桃園でイレブンは下車。

     

    イレブンとの旅はいつも楽しい。

    今回もとてもお世話になった。

    お別れが少し寂しい、と思ったけど、

    明日も会う約束をしている。

     

    台北駅に着く頃、お腹が空いてきた。

    駅で雞排を購入。

     

     

    これから向かう好駐旅館 H106 Hao Zhu Innは、

    チェックイン前に一泊早く荷物を預かってくれた親切なホテル。

     

    最寄りは善導寺駅みたいだけど、疲れたからタクシーで。

     

    チェックインすると、すでに部屋にスーツケースを運んでおいてくれていた。

    雑居ビルの中にあるホテル。

    中は広くて綺麗。

     

     

     

     

    こんな夜中に雞排を食べいていいのかわからないけど、

    トニーレオンの若い頃の映画を観ながら楽しんだわ。

     

    楽しんでいたのも束の間、寝る時に急に怖くなってきた。

    夜イレブンを脅かしたりしていたくせに、ホラー映画の話ばかりしていたくせに、

    一人になったら急にゾクゾクしてきた。

     

    イレブンにメールすると

    「活該」(自業自得)

    と返信が。

    返す言葉もないわ。

    心を無にして眠りに入るしかない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:51 | comments(0) | - |
    高雄へ

     

    朝起きて、まずカーテンを開け、

    台風の状況をチェック。

     

    どうやら雨は降っているけど

    台風は過ぎた模様。

     

    今日はイレブンと高雄に行く。

    品墨の晒日子の展示が開催されているのよ。

    場所は駁二芸術特区内のギャラリー。

    旧倉庫をリノベーションした複合アートスペース。

     

    そしてその日のうちに台中へ移動し、

    台中で一泊。

     

    次の日に台中で遊んで

    夜、台北に戻る計画よ。

     

    10時15分の台北発の高鐵。

     

    今までネットで乗車券を予約して、

    台北駅の窓口に受け取りに行っていたけれど、

    もうそんな面倒はご無用。

    台灣高鐵のT-EX行動購票というアプリを使えば

    日程と時間を入力して乗車券を予約し、

    当日バーコードを改札にかざすだけ。

     

     

     

    なんて便利なのかしら。

     

    スムーズに乗車。

     

     

    曇り。雨は止んでいる。

     

    次の停車駅、桃園からイレブンが乗車。

    無事に合流。

     

     

    おやつにイレブン持参のドラえもんパン。

     

     

    味も食感もかにパン。

     

    台北から高雄まで2時間弱。

     

     

    高鐵の左營駅で下車、

    地下鉄に乗り三多商圈駅へ。

     

    魯肉飯の人気店「南豐魯肉飯」へ向かうわ。

     

     

    イレブンも初めて行くらしく、調べながら。

     

     

    高雄も曇り。

     

     

    暑いから

    ジューススタンドで火龍果果汁(ドラゴンフルーツジュース)を購入。

     

     

     

    これが本当に参った。

    果肉がどろっと入っていて、

    シャキシャキ冷たくて、美味しいの域を超えてるのよ。

    今まで飲んだジュースの中で一番美味しいと

    胸を張って宣言できるわ。

     

     

    そして着いたわ南豐魯肉飯。

    お昼時間を過ぎていたからから、

    空いていた。

    普段は行列ができてるんですって。

     

     

     

     

     

    雞肉飯、魯肉飯、苦瓜封湯、魚丸湯を注文。

     

     

    これは危険だ。

    美味しすぎる。

    右が魯肉飯、大きな角煮がのっている。

    左が雞肉飯、魯肉が上にのっている。

    もう訳がわからないけど、とにかく美味しい。

     

     

     

    スープも美味しい、

    厚揚げも美味しい、

    トロトロ角煮も美味しい、

    全部美味しい。

     

    連れて来てくれたイレブンに心から感謝するわ。

     

    あら、イレブン、仕事の電話がかかってきてしまった。

     

     

    電話で打ち合わせ。

    忙しそう、30分は電話会議していた。

     

     

    次に食べるデザートもリサーチ済み。

    ここの白糖粿。

     

     

    揚げたて餅に砂糖をまぶしたお菓子。

     

     

    行列の人気店。

     

     

    揚げたて熱々モチモチで美味しい。

     

     

    そろそろ駁二芸術特区に行かないと

    ギャラリーが閉まってしまう。

    調べると、タクシーなら5分くらい。

     

    すっかり外は太陽が出て、汗ばむ陽気に。

     

     

    ここの倉庫群一帯がアート施設。

     

     

    これだわ。

    高雄晒日子。

     

    チケットを購入。

     

     

     

     

     

    日干しの展示。

     

     

    王さんのインタビュー映像。

     

     

    香港のアーティストにも参加してもらって、

    多種多様な晒日子を展示している。

     

     

    これは香港人アーティストの作品。

    80年代香港俳優の写真で埋め尽くされた電話ボックス。

    ジャッキーを探したけどなかった。

    なぜだろう?

     

     

    別の倉庫も行ってみる。

     

     

     

    この工房はレンタルスペースなのかしら。

     

     

    ここで作ったパチンコやコマ等おもちゃがたくさんあり、

    しばらく夢中で遊べる。

     

     

     

    他にもレストランや誠品書店などがあり、

    広いし、ぷらぷら散策するのにもいい場所だわ。

     

     

     

    昔ながらのアイス屋台を発見。

    雞蛋冰とはアイスの形が卵の形に似ているからで、

    卵でできたアイスってわけではないようよ。

     

     

    そろそろ今晩宿泊する台中へ向かおう。

     

    地下鉄鹽埕埔駅から美麗島駅へ。

    美麗島駅で乗り換え、台鐵に乗るため高雄駅へ。

     

    美麗島駅って世界一綺麗な駅と聞いたことがある。

    写真でしか見たことがないから、見てみたい。

     

    駅のどこなのか駅員さんに尋ねてみると、

    改札を出ないと見られない場所にあるとのこと。

    駅員さん、特別に出してあげると改札を開けてくれた。

     

     

    綺麗なステンドグラス。

    なるほど、美しい。

     

    駅員さんにお礼を言い、

    再び乗車。

     

     

    高雄駅で台中行きのチケットを購入。469元(約1,688円)。

     

     

    結構歩いたし、日差しを浴びて疲れたから

    列車が動き出してすぐに寝に入ったわ。

     

     

     

    目覚めると、イレブンが隣でクレヨンしんちゃんを見ていた。

     

    約2時間40分で台中に到着。

     

     

    台中駅は新しくなり、現在も一部工事中。

     

     

     

    大きなトンボのモニュメント。

    台中とどんな関係があるのか、イレブンにも私にもわからない。

     

     

    旧台中駅は一部はまだ使われているらしいけど、

    この通りひっそりと佇んでいる。

    1917年に建てられた歴史的建造物。

     

    まずはバスでホテルへ向かう。

    台中市内は1日10kmまでバスが無料なんですって。

    驚き。

    悠遊卡をピッとかざすだけ。

    現金だと20元かかるらしい。

     

     

    10分くらいで今夜のホテル”昭盛52行館”に到着。

     

     

     

    ロビーも部屋も綺麗。

     

     

    しかし、作りが変だな。

     

    カウンターキッチンのような洗面所で

    区切られていて、奥はベッド、手前は

     

     

    シャワーとトイレ。

    着替えるスペースはない。死角もない。

    誰が設計したのだ。不便だろう。

     

    荷物を置き、しばし休憩。

    テレビを付けると、ゲストがそれぞれの恐怖体験を語る

    バラエティ番組がやっていた。

    グッドタイミングよ。

     

    夏だし、最近ホラー映画ばかり観ているし、中国語で怖い話が聞けるなんて夢のよう。

     

    私が夢中で見ている傍ら、イレブンはテレビの存在を無視しようと頑張っている様子。

    怖いから見たくないらしい。

     

    何気なく布団をめくると、長い髪の毛が数本落ちていた。

    「何これ!!」

    もうイレブンは恐怖のどん底。

     

    早々に切り上げ、逢甲夜市に行くことに。

     

     

    5年前に品墨メンバーと台中旅行でここに来たのが

    懐かしい。

     

     

     

     

     

    イレブンは大学が台中だったから

    思い出の店がいくつかあり、それを是非食べて欲しいとのこと。

     

    まずは木瓜牛奶(パパイヤミルク)。

     

     

    ここのはすごく美味しいらしい。

     

     

    確かにクリーミーで冷たくて美味しい。

     

    次、泡菜雞排。

    鶏の唐揚げ、漬物添え。

     

    豬血糕。

    もち米を豚の血で固めたもの。

     

    この二つが最高におすすめだと。

     

     

    テイクアウト。

     

    今回まだ一度もマンゴーを食べていないことに気がついたわ。

    なのでカットマンゴーを購入。

     

     

     

    幸せ。

    美味しい。

     

    ブラブラしながらホテルに戻り、

    映画を見ながらの雞排。

     

     

    開けるとイレブンが叫んだわ。

    「泡菜が入ってない!」

     

    雞排と漬物を一緒に食べるのが最高に美味しいらしかったのだけど、

    残念、諦めるしかない。

    雞排だけでも十分美味しい。

     

    食べながら寛いでいると、突然

    「ブー」と

    部屋のブザーが鳴った。

     

    イレブンと顔を見合わせた。

    ここは一番奥の部屋。

    ホテルスタッフが突然やって来るわけもなく、

    他の客が間違えるとも考えにくい。

     

    イレブンは凍りついている。

    怖い話ばかりしていたから?

     

    就寝時、電気を消してもらえず、

    煌々とした明かりの中で寝る羽目になったのよ。

     

    でも私が何より怖かったのは

    チェックインして部屋に入る時、イレブンが

    「不好意思。打擾你」

    (すみません、お邪魔します)

    と言ったことよ。

     

    日本でもパンっと一度手を叩くと

    霊がいるかどうかわかるとか言うけど、

    台湾ではそんなはっきり言葉に出して、

    誰かがいること前提で言うんだわ。

    そっちの方がよほど怖いと思いませんこと?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:07 | comments(0) | - |
    台風上陸

     

    どうやら今日の夜から本格的に台風が上陸する模様。

     

    報道によると、今回の台風はスピードが早いらしい。

    台北を横断し中国大陸へ抜ける。

     

    明日は高雄へ行く予定。

    南に行く分には問題なさそう。

    新幹線が動いてくれさえすれば。

    今晩8時に、明日の新幹線が動くかどうか発表になる。

    ドキドキするわ。

    高雄行きが中止になったら、台北で宿も探さなくちゃならないもの。

     

    今のところ曇っているけど、雨は降ったり止んだり。

     

    1時にチェルシーと中山駅で待ち合わせしているわ。

    お昼を食べて、シュエシュエくんの個展を見に行く予定よ。

     

    チェルシーが指名した店は

    以前ぺぺちゃんたちと行ったことのある鶏料理専門店「鶏家荘」。

     

    台風の影響か人は少なめ。

    メニューを見ると、ランチメニューらしきものはないのね。

     

     

    蒸し鶏やフライ等、とても美味しいけど

    やっぱり鶏出汁で炊いたご飯が一番美味しい。

     

     

    米だけで食が進むわ。

     

     

    半年ぶりに会うチェルシー。

    私のジャッキーシールをまずあげなくちゃならない。

     


    本当にいらないと言っている。

     

     

    鶏家荘の名物手作りプリンで締め、店を後に。

    まだそんなに降っていない。

    どちらかというと空は晴れている。

    チェルシー曰く、台風前はいつもこんな感じで晴れるんだ、って。

    なんだか怖いわ。

     

    歩いて10分ほどすると

    シュエシュエくんが展示をしている、

    デザイン会社が運営するアートブックカフェ「朋丁」に着いた。

     

    1階に本、雑貨、2階にカフェ、

    そして3階にギャラリーがある。

     

     

     

     

    イラストレーターのシュエシュエくん、

    アパレル会社とコラボの企画展らしく

    シュエシュエくんの絵の服が売っている。

     

     

    面白い。

     

     

    チェルシー似合うじゃないの。

     

     

    1階には本、雑貨以外にもポストカードやZINE等も並ぶ。

    作品を一つ購入した。

    李漢強という台湾人アーティストの作品。

    活動拠点は東京らしい。

     

    台湾の求人広告を緻密に再現したリトグラフ。

    全て手描き。

    見ていて飽きない。

    スーパーのチラシや週刊誌の表紙など、細かいもの全て

    手描きで再現するスタイルらしいわ。

     

     

     

    まだ台風は来ていない。

    今日は台北全域午後4時に仕事を終えるそうよ。

     

    そのくらいには帰ろうと決め、駅前のパパイヤミルクの店

    「台北牛乳大王」へ。

     

     

    結構混んでいる。

    ここにはまだ台風の影響は来てない。

     

    100%キュウイジュースを注文。

     

     

    フレッシュですごく美味しい。

     

     

    チェルシーはゴールデンキュウイ。

     

     

    外を見る限り、傘はまだ必要ない。

    隣に見えているのが駅だから、土砂降りになってもとりあえず安心。

     

    そろそろ4時になるから解散することにした。

    早めの帰宅。

     

    と思ったら、、駅のホームで、

    解散が遅かったことに気がついたわ。

     

     

    帰宅ラッシュを計算に入れていなかった!

    もっと早く解散するべきだった。

     

    幸い國父紀念館駅方面はそんなに混んでなかった。

    助かった。

     

     

    駅を出ると、かなり降り始めていた。

     

    シャオホンリーが、最悪うちに来ればなんか食べさせてやる、と言ってくれている。

    一応コンビニに寄り、食料を買い込んだ。

    どうなるかわからないものね。

     

    夜、だんだん雨風が強くなってきた。

    ホテルもエントランスのガラスにガムテープで✖と貼り

    台風対策。

     

     

    8時になって台灣高鐵から携帯に通知が来た。

    ドキドキして開けると、、、明日は通常通り運行するって。

    わあ、良かった!と思っていたらイレブンからちょうどメールがきた。

    通常通り運行するとの連絡。

    これで予定通り高雄旅行に出発よ。

     

     

    明日に備え早く寝るわ。

    起きたらきっとピーカンなんだわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:14 | comments(0) | - |
    十分へ行く


    北埔(ベイプー)に行ってみたいと思っていた。

    夏だし田舎に行きたかった。

     

    行き方を調べてみると、結構遠い。

    チェルシーに聞いてみたら、

    「北埔ってどこ?」と返事がきた。

     

    北埔へは高鐵に乗って新竹駅へ行き、

    そこからバスで40分くらいらしい。

    早起きしなければならなかったな。

     

    どうやらここ数日で台風マリアが上陸するらしい。

    これは困ったことだわ。

    明後日高雄に行くというのに。

     

    テレビではずっと台風情報が流れている。

     

     

     

    十分にも行ったことがないから、今日はそちらへ行くことにした。

    ランタンで有名な十分。

     

    そんなに遠くないだろうと、

    行き方が曖昧なまま出発。

     

     

    今日はピーカン。

     

    台鐵に乗るために台北駅へ。

     

     

     

     

    駅構内の薬局で薄荷棒を購入。

    頭がスースーとスッキリする。

     

    蓋を開けると、このようになっている。

     

     

    銀紙を剥がすと棒状のメンソール。

    鼻に近づけて吸ってもいいし、こめかみに塗ったりしても良い。

    歯痛や虫刺されにも良いと書いてある。

     

     

     

     

    台鐵のホームでとりあえずくる電車に乗ってしまおう。

    瑞芳駅まで行って、平渓線に乗り換えれば

    十分駅に着く。

     

     

    でも瑞芳に直通で行く電車はしばらく来ない。

    基隆行きの電車にとりあえず乗った。


    瑞芳に行くには七堵か八堵で乗り換えればいい。

     

    知らない駅名がたくさん。

    暖暖(ヌワンヌワン)駅ですって。かわいい駅名ね。

    全駅降りてみたいものだわ。

     

    30分くらいで七堵に到着。

     

     

     

     

     

    年季の入った椅子。

     

     

    降りたホームで待っていると、瑞芳行きの電車がやってきた。

     

     

    20分ほどで到着。

     

    十分行きの表示のあるホームへ移動。

    瑞芳で平渓線に乗り換える人は、

    概ね観光客といった感じ。みんな十分に行くんでしょう。

     

     

    15分くらい平渓線はこなそうだ。

    電車の案内板にはどのくらい遅れるかっていう表示もある。

     

    天気はいいし風は通るし、とにかく座っているだけで気持ちがいい。

    15分くらい余裕だと思っていたけど、

    遅れが15分から30分、30分から50分、どんどん遅れが大きくなる。

     

    さすがに待ちくたびれた。

    結局1時間くらい待った。

     

     

     

    低めの椅子に冷房キンキンの車内。

    窓からの眺めがほぼ緑。

     

    20分ほどで十分に到着。

     

     

     

    きれいな所だわ。

     

     

     

     

    この線路沿いギリギリのところに店が立ち並んでいて、

    電車が来ると、電車ーーー!とみんな叫び、道に逃げて行く。

     

     

     

    ランタンが飛んでる。

     

     

    お腹が空いたから、

    花生捲冰淇淋を購入。

     

     

     

    タロイモアイスとパクチーと削ったピーナッツの粉を

    クレープで巻いた花生捲冰淇淋。

    これは心から大好きだ。

    いつかタピオカミルクティーのように日本にやってくるだろうか。

     

     

    線路にはランタンに願い事を書いて飛ばす人がたくさん。

     

     

    料金は単色だど150元(約555円)。4面違う色だと200元(約740円)。

    色によって願い事が違うのね。

     

     

    お店が並ぶ線路沿いを抜けると、脇道に抜ける。

    そこにもお店がちらほら。

     

     

    暑すぎて人もあまり歩いていない。

    お店の誘い文句

    「開冷氣」(冷房ついてます)という文字をよくみる。

     

     

    十分瀑布(滝)に向かおう。

    どのくらいの距離にあるのか知らないけど、

    矢印があるくらいだから近いのかな。

     

    人が歩いていないような大通りを10分ほど歩くと

    バス停にたどり着いた。

     

     

    なぜかはわからないけど草間彌生に出会った。

     

    そのバス停を通り抜けると、

    観光バス専用の駐車場とタクシー乗り場に出た。

    ここからはみんな徒歩で行くしかないんだな。

     

     

     

    暑くて茹だるけど、なんともいい景色。

     

     

    途中小さな滝があったり、

     

     

    吊り橋を渡ったり、

     

     

     

    歩くこと30分くらいだろうか、

    出店や公園が見えてきた。

     

     

    これはもうすぐ着くに違いない。

    人もたくさんいる。

     

     

    そしてたどり着いた。

     

     

     

     

     

    圧巻の滝。

    これはすごい。

     

     

     

    見ているだけで涼しくなる。

     

    木陰に座り、30分ほど眺めていた。

    目を瞑ると、水の音、風の音、蝉の声、飛び交う中国語、

    リアルリラクゼーションミュージックだったわ!

     

     

    夢中で歩いていたから

    汗だくなのに、何も飲んでいないことに気がついた。

    熱中症には要注意よ。

     

     

    熱を冷ます効果がある冬瓜茶を購入。

     

    そしてお腹も空いてきた。

    駅近くのお店で魯肉飯を一杯だけ注文。

     

     

    熱々で美味しかった。

     

    帰りの平溪線では、座席に座れない人は

    地べたに座り込む。

     

     

    遊んだ帰りはみんな疲れ果てる。

     

    瑞芳駅からどの電車に乗れば台北に戻れるのかが

    わからなくなってしまった。

    どこにも台北行きの表示がない。

     

    電車が来てしまった。

    これを逃すとしばらくこなそうな気がするわ。

    焦って近くのカップルに

    「これ台北行く?」と尋ねると、行くよとのこと。

    ああよかった。

     

    台北までは席が空いておらず立ちぼうけ。

     

    なんだかんだ台北着が7時くらいになりそうだ。

    遠くないと思っていたけど、

    乗り換え時間等を含めると片道2時間以上かかってる。

     

    夜はシャオホンリーと約束している。

    8時くらいになると連絡した。

     

    帰り道に気がついた。

    日傘が手元にないことを!

     

    電車の中だろうか。

    あーあ がっかりだ。

    以前使っていた日傘は5年以上、

    修復に修復を重ね、使い続けた。

     

    モンベルの紫外線99.7%カットという優れものに

    今年ついに買い換えたばかりだったのだもの。

     

     

     

    一旦ホテルへ戻り、

    そこから歩いてシャオホンリーの教室へ。

     

     

    夜の101がロマンティックに輝くわ。

     

     

    20分くらいで教室に到着。

     

    会うたびに高校生と中学生、2人の息子が大きくなっている。

     

     

    どうやらシャオホンリーはまだ仕事から戻ってないらしい。

    待っている間、教室の夏の体験学習のしおりを見せてもらった。

     

     

    これは2015年の花蓮に行った時のもの。

    毎年行なっている自然体験教室。

    内容がとても素晴らしい。

     

    多い時で子供十数人を引き連れ、

    バンガローのようなところに宿泊。

    食事も全部自分たちで作り、川に入ったり、

    森を探検したり、虫を探したり、サーフィンをしたり、

    グループに分かれ木で大きな作品を作ったり、、

    内容盛りだくさんの夏合宿なのだ。

     

    シャオホンリーは虫という虫、植物という植物、なんでも

    知っている。

    そしてなんでも自分で作ってしまう。

     

    ここの教室で体験できることって

    普段の生活では、なかなかできないことばかり。

    子供目線で参加してみたいわ。

     

    つい先日、今年の夏合宿で台東に行ってきたらしい。

    その時の話などを聞いていたら、

    シャオホンリーが帰ってきた。

     

    その時すでに夜10時。

    もう遅いから夜市で食べ物を買って、教室で食べることにした。

     

    その前に息子たちも一緒に豆花を食べに。

     

     

    夜に食べてもいいと思わせるデザートよ。

    あずきとタピオカときくらげをトッピング。

     

     

    息子たちとはここで別れ、

    歩いて通化夜市へ。

     

     

    まず甜不辣を注文。

     

     

    それから炸雞肉。

    鶏の唐揚げ。

     

    コンビニでビールを買って教室に戻った。

     

     

     

    美味しい。

     

     

    仕事や教室の話等、お互い共通点があるから

    話は尽きない。

     

    気がつくと夜中1時を回っていた。

    そろそろ寝なくては。

    シャオホンリーたちは明日も教室がある。

     

    帰りはタクシーを呼んでくれたから

    5分ほどでホテルに到着。

     

    テレビをつけると霊幻道士がやっている。

    なんともラッキーな話ではないの。

     

     

    この流れで台風消えてくれないかしら。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:57 | comments(0) | - |
    7月の台灣

     

    10ヶ月振りの台湾。

     

     

    すっかり他人行儀になってしまうかと思ったけど、

    着いてみるといつも通りの台湾。

     

    前々から

    「こっちは死ぬほど暑いから気をつけて」

    とみんなに言われていた。

     

    しかし今年は日本も大変な猛暑。

    どちらにいても変わりはない。

     

    今回は一週間の滞在。

    高雄と台中にも行く予定。

    久しぶりのイレブンとの二人旅よ。

     

     

    午前9時半に松山空港着。

     

    13時にぺぺちゃんチチちゃんと待ち合わせをしていたけど、

    16時に変更してもらった。

     

    とても暑いし、化粧もしていない。

    ホテルのチェックインの時間を待って、それから会いたい。

     

    今回前半のホテルは国父記念館駅から徒歩10分くらいにある

    グリーン ワールド トリプルベッズ ホテル (洛碁三貝茲飯店)。

     

     

    空港からタクシーでホテルへ。

    カウンターで荷物を預け、

    外に出てみると、すごい熱風。

     

     

    暑くて参るけど、空が真っ青で気持ちがいい。

     

     

    とりあえず室内にいた方が良さそう。

    誠品書店へ向かおう。

     

    国父記念館駅から、誠品書店や台北101がある市政府駅へは、捷運でたった1駅。

    歩いても行ける距離。

     

    市政府駅の統一時代百貨のフードコートで昼ごはん。

     

     

    魯肉飯と炸豆腐と梅レモンジュース。

     

    食後、隣接する誠品書店で読書をすることにした。

    椅子がたくさん置いてあるから、ゆっくり休んで本が読める。

     

    たまたま椅子の近くに置いてあったこれを手に取った。

     

     

    「我的生活 我作主」(私の生活は私が決める)。

    結婚せず、一人で暮らしていく人のための指南本。

     

     

    一人で生きていくメリットデメリット等が書かれている。

     

     

    結婚しない人が増えてるのは、日本も台湾も同じ。

    このことは台湾ドラマでもよく取り上げられているテーマよ。

     

     

    そろそろ15時になるわ。

    ホテルに戻らなくちゃ。

     

    グリーンホテルと名の通り

    部屋は緑色。

     

    広くて快適。

     

     

     

    急いで出かける準備をしていると、ぺぺちゃんから連絡。

    そろそろホテルの近くに着くと。

     

    なので部屋で待ってもらうことに。

     

     

    先日、台湾のチーズティーというドリンクが美味しいという情報を

    テレビで入手した。

    そんなドリンク聞いたこともない。

     

    ぺぺちゃんに聞いたら

    「多分”奶蓋”茶のことだと思う」

    と言うわ。

     

    奶蓋茶とは泡状にしたチーズクリームを

    お茶などの上にのせたものを指すらしい。

     

    それを飲んでみたいと告げると

    国父記念館駅の近くにあると言うじゃない。

    早速行きましょう。

     

     

    暑いところお迎えに来てもらって悪いことしたわ。

     

     

    歩くこと10数分

    目的の店、Sharetea全球旗艦總店に着いた。

     

     

    人がひっきりなしに来る。

     

     

    鉄観音茶にチーズクリームがのってるドリンクを注文。

     

     

    一番左のが鉄観音の奶蓋茶。

     

    これはストローで吸わず、直接飲むらしい。

    上から飲んで、チーズクリームとお茶がミックスされるように。


    味はほのかにケーキの味がする

    鉄観音ミルクティーといった具合。

     

     

    店内にはパンも売っている。

     

    タピオカパンなんてものがあるではないの。

    パンの中にタピオカが入ってるらしい。

    チチちゃんが買ってくれた。

    明日の朝に食べてみろと。

    楽しみ。

     

     

    そしてこれが今流行っているパンなんですって。

    ”髒髒の胖”

     

     

    髒とは汚いという意。

     

    この巨大なパンを思い切り頬張り、

    口の周りをチョコだらけに汚くした顔を

    SNSに上げるのが流行ってるらしい。

     

    120元(約444円)。意外に高い。

    何が流行るかわからない世の中だわ。

     

    店内はイートインスペースがないから、

    ドリンクを持って、マッサージに行くことにした。

     

    チチちゃんが時々行くという店まで

    タクシーで。

     

     

    3人同時に始めてもらうため、少し待った。

    足と肩、1時間コース。700元(約2590円)。

     

    目の前のテレビで「葉問2」がやってる。

    マッサージに集中できないわ。

     

     

    サモハンやリーリンチェイの話などを

    マッサージ師の人も交えて話したりして、楽しいひと時だったわ。

     

    足もスッキリしたところで

    すぐ近くの通化夜市へ。

     

    ここで鏡を買いたかった。

    今使っているのもここの夜市の雑貨屋で買ったのだけど、

    どこかは覚えていない。

     

     

    手当たり次第、それらしき雑貨屋に入ってチェック。

     

     

    するとチチちゃん、見つけてくれたわ!

     

     

    写真が入っているバージョンは売っているのを初めて見た。

    いつもは写真ではなく、ただの赤い紙。

    それだと5元(約18円)だけど、この写真バージョンは10元(約36円)。

    倍だわ。どちらにしても安いのだけど。

     

    そこの雑貨屋でさらに素晴らしいものを手に入れた。

     

     

    イガイガボール付きマッサージ器。100元(約370円)。

    これは大変な優れものよ。

    届きにくい膝裏や背中、足全体を思いっきり叩くことができるし、

    イガイガで頭もマッサージでき、反対側で腕を扱くこともできる。

     

    チチちゃんと私は購入。

    なぜぺぺちゃんは買わないのか不思議。

     

     

    次は、それを引っさげ、排骨を食べに行くことに。

    君G唸。

    この店は以前台湾で住んでいた家のすぐ近くにあったから

    お弁当を買ったことがある。

    強烈に美味しかったことは脳裏に今でも焼きついている。

     

    最近ぺぺちゃんが食べに行き、美味しくて衝撃を受けたらしいわ。

     

     

    店内ではこんな素敵な盛り付けでやって来るのね!

    美味しいなんてものではない。

    なんなら排骨がなくてもいいくらいに、

    ご飯にのっている全てが素晴らしい。

     

     

    もちろん排骨の美味しさと言ったら、 逃げ出したいくらい。

     

    大満足した。

    食べ終わり、夜の9時くらい。

     

    さて次はどこに行く?って。

    本当にみんな元気。

     

    けど今朝4時起きで飛行機に乗ってきたから

    もう帰ることにした。

     

     

    コンビニで大好物の小泡芙を買って帰宅。

     

     

    義美って素晴らしい会社だと思うわ。

    義美の商品はどれを取っても美味しい。

     

     

     

     

     

    見たかったドラマ"前男友不是人"が始まったから

    これにて失礼。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '18.07 台灣 | 23:40 | comments(0) | - |