台湾生活
永晶Instagram
永晶
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
受講生募集中!
東京都世田谷区池尻 世田谷ものづくり学校
にある小学生向けプログラミング教室。
オンライン講座、無料体験会も
随時行っています。
  • 世田谷ハツメイカー 研究所
  • WWW世田谷ハツメイカー 研究所
  • 永晶 NAGAAKI オンラインショップ
    エアアジア・ジャパン公式オンラインストア
    エアアジア・ジャパン
    台湾現地ツアーならMyTaiwanTour!
    台湾専用!4G LTE無制限レンタルWi-Fi!
    OTHERS
    << 春節 | main | 雞排を求めて >>
    フィンの手料理

    今朝は8時に起床。



    12階の部屋からは淡水河が望めて最高だった。
    台湾で高層に泊まることなんてめったにない。

    今日も上着はいらなそうだ。

    朝食を食べに1階のレストランへ。

    ビュッフェなのだけど、時間が遅かったせいか
    何もない。



    ちょぼちょぼと皿に取り、少しだけ食べた。
    これではすぐにお腹が空いてしまうだろう。

    ドリンクバーには香港の定番ドリンク
    鶯鶯茶(コーヒーと紅茶を混ぜた飲み物)があって、
    それだけはうれしかった。


    12時にチェックアウトし、歩いて淡水駅へ。





    なんて気持ちがいいのだろう。
    今日は半袖でもいいくらいの快晴だ。


    捷運に乗ってチェルシー宅へ向かう。

    今日はフィンの家にお呼ばれよ。
    正月でデービッドが家を空ける間、
    フィンがデービッドの猫を預かっているんですって。
    その猫イエロウにも会いがてら。

    途中であゆみちゃんとお別れし、
    チェルシーの家まで徒歩で向かったわ。

    いつもタクシーで行ってしまうから
    駅から一人で歩いて向かうのは初めて。



    Googlemapを見ながら向かっていると、
    「今どこ?」
    とチェルシーから。
    近辺の写真を送ると、
    「私より早い!」とチェルシー。
    行き違いになってしまった。




    お久しぶりチェルシー。


    スーツケースを家に置き、
    フィンが待っているから、とすぐに出発。
    私はその時点で堪え難い空腹に見舞われていた。

    家に向かうタクシーの中で
    「ねえ、なに食べるの?ねえねえ何食べるの」
    何度もチェルシーに聞いた。

    「何食べたい?」
    と聞かれたから、フィンの手料理が食べたいと答えた。
    以前、フィンが作った料理の写真を見せてもらったことがある。
    だから料理上手なことを知っているのよ。
    それが食べられたらなあ。

    タクシーを5分ほど走らせ、
    住宅街で降りた。



    台湾の家はどこから眺めてもロマンチックで目眩がする。

    チャイムを押すと、誰もいない。
    あれ?

    しばらくドアの前で待っていると、



    さっそうとYou Bikeに乗った、買い物帰りのフィンが現れた。
    買ってきたばかりのティッシュを抱えて。

    愛車は盗まれてしまったんですって。


    家に上がると、



    いた!
    デービッドの愛猫イエロウ。



    なんてかわいいの。
    ずうっと写真では見てきたけど、
    本人に会える日が来るとは思ってなかったわ。




    レトロなミルでコーヒーを淹れてくれた。

    すると、なんとも偶然にデービッドから連絡がきた。
    「Akiko、新年快樂!(あけましておめでとう)」
    なんてタイミングだろう。

    だからイエロウの写真をデービッドに送ると、
    「!!!ぼくのネコ〜!」
    すごく驚いていたわ。


    コーヒーとおやつをいただいて
    少し落ち着いたけど、まだ空いている。

    チェルシーが
    「アキコがフィンの手料理食べたいって」
    とフィンに伝えると
    「いいよ。じゃあ後でスーパー行こう」
    ですって!
    やったあ!!



    フィンはプロの歌手。
    CDもたくさん出ている。
    俳優としても活動しているのよ。

    ギターでなにか歌ってくれと頼んだら
    ジャッキーの曲を歌ってくれた。
    素敵。
    台湾の歌手のことも色々教えてくれる。
    李宗盛って人は、ジャッキーにも曲を提供しているって、
    CD買おうかしら。


    一休みしてからスーパーへ。



    何を作ってくれるのかしら。
    わくわくする!



    牛肉大好きチェルシー。
    「肉たべたーい」
    この日本語はだけはとても上手に発音できる。




    豆腐売り場を見ているだけでもわくわくするわ。



    食べたいものをどんどんカゴへ。
    大好きな牛乳スティックビスケットも見つけた。
    カゴへ。
    台湾ビール、カゴへ。
    小泡芙(台湾版ポポロン)、カゴへ。




    ブロッコリーが食べたいとリクエストしておいた。



    台湾の調味料がいろいろあって興味津々。
    全部聞いて、全部教えてくれた。



    何ができるのかしら。
    うろうろしてしまう。

    実に手際がいいわ。



    いい香り!


    チェルシーの弾き語りを聴きながら、待っていると・・
    あっという間に



    4品も!

    ああ驚いた。こんなお店で出てくるような料理、家庭でできるのねえ。
    レストランみたいよ。



    ものすっごく美味しい。
    美味しすぎて、黙々と食べた。
    野菜の固さが絶妙。

    このカリフラワーはフィンのお母さんの手作りなんですって。
    歯ごたえが良くて、美味しくって美味しくって、忘れられない。


    フィンが何かをまだ作っていると思ったら



    スープもできていた。



    牛肉、とうもろこし、魚丸(魚のすり身団子)。
    なんてあっさりした優しいスープなのかしら。
    本当に台湾のお店で出てくる味。


    夢中で食べている中、ふとベッドの方を見ると



    不思議な体勢で真顔のイエロウがこちらを見ていた。

    穏やかで不思議な空気のイエロウ。
    さらってしまいたいくらいかわいい。


    食後はおやつ。




    おすすめの調味料を教えてもらった。
    それを買って、帰ったら作ってみようっと。



    片付けをしておいとました。

    今後は台湾に来たら、必ずフィンの家でご飯を食べることにしたわ。
    次回はぜひ日本の調味料を手土産に。



    帰りはバスで師大あたりまで行き、付近を散歩した。
    この辺りはけっこう正月でもお店が開いている。





    帰ってチェルシーと台湾ビールで乾杯。
    蜂蜜味。新商品ですって。
    甘くて飲みやすい。


    せっかくみんな弾き語りをしてくれるのに、どの曲もわからない。
    台湾の歌手を知らなすぎると言われたわ。
    だから今後、訪台につき1枚CDを買うことに決めた。

    明日、さっそく買いに行くことにする。










     
    | '16.02 台湾 | 23:33 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    | - | 23:33 | - | - |