台湾生活
永晶ホームページ
永晶
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Azhai Communications Co Ltd.
社員・アルバイト募集中!
東京都世田谷区池尻世田谷ものづくり学校
にあるデザイン事務所。
イラスト、WEBデザインを主に
行っています。
  • 株式会社アザイコミュニケーションズ
  • White Page
    自分で更新できる!ホームページ制作
    ちゃんと機能するホームページで
    WEBマーケティングをしっかりフォロー!
  • 東京都世田谷区 【三軒茶屋・池尻大橋】
    ホワイトページ (世田谷ものづくり学校内)
  • OTHERS
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    島作 搬入

     

    今日は島作搬入の日。

     

    1時にジェニーさんと品墨で待ち合わせをしている。

     

    その前に、チェルシーから

    香港料理を食べに行かない?と連絡がきた。

    どうやら外観がとても可愛く、前から気になっている店らしい。

     

    11時に店で待ち合わせ。

     

     

    南京三民駅から歩いて約10分。

     

    萬芳冰室。

    香港では有名な老舗レストランなんですって。

     

     

    なるほど、エメラルドグリーンの店内がとても可愛い。

     

     

    電車の食堂車のようなテーブル席が

    香港らしくていい。

     

     

    私は鴛鴦茶とコーンスープがかかった

    ご飯と白身魚のフライセット。

     

     

     

    バターが挟まったメロンパン(菠蘿油)も。

    ボリューム満点。

     

     

    他のメニューも食べてみたい。

    また来なくっちゃ。

     

    萬芳冰室

    台北市松山區南京東路五段66巷16號

     

     

    古亭駅で降りて品墨に向かった。

    搬入は王さんが車で手伝ってくれるという。

     

    15日は似顔絵屋、

    16・17日は、ジェニーさんの写真館ブースで

    物販をさせてもらう予定。

     

    そのブースに大きめの写真フレームを設置。

    そのイラストを私が描き、品墨に印刷を頼み、フレームを小亨利に

    お願いした。

     

    車でまず印刷所に寄り、

    頼んでいたイラストパネルをピックアップ。

     

    そして会場の松山文創園區へ。

     

     

    ここは1937年、タバコ工場として建設された。

    現在はアート施設として使用されている。

     

    歴史的建造物だから、物を貼るのはNG。

     

     

    この本が飾られている木の棚も小亨利が作ったそう。

     

     

    立派な木のフレームを作ってくれた。

     

     

    これにイラストを貼る。

     

     

    似顔絵ブースにはテーブル×1、椅×4を

    予約しておいた。

     

    場所を確認し、

    テーブルを設置すると

     

     

    なんだか寂しい。

    スペースがとてもが広い。

     

    これで人が来なかったら

    どうしようかと少し心配になったわ。

     

     

    ジェニーさんと私のブースは入り口から一番奥。

     

     

    ブースがどのくらい大きいのか等、

    不透明なことが多かったから

    商品を少ししか持って来なかった。

     

    えらく叱られたわ。

     

     

     

    小亨利の仕事鞄がかっこいい。

     

     

    予定表には搬入後、交流会とあったけど、

    全くその気配はない。

    みんな各々設置し、帰って行く。

     

    なので予定より2時間くらい早く終わった。

     

     

    車で王さんに台北駅まで送ってもらい、

    信義安和駅へ。

     

    十里安というレストランでチチちゃんと待ち合わせ。

     

     

    ものすごくお腹が空いていたから、

    手っ取り早く、二人コースを注文した。

     

    梅漬けのプチトマトが絶品。

    甘くて冷たくて、なんて美味しいのかしら。

     

    日本の中華料理屋で二人コースを注文すると、

    全品ちょこっとずつ出てきて、お腹がいっぱいに

    ならないという印象だけど、

    この店は、これでもかというほど料理が出てきた。

     

     

    ホカホカ饅頭の中のカスタードが眩しい。

     

     

    蒸しキャベツも小籠包もとっても美味しかった。

    最後はチチちゃんが力を発揮し、なんとか食べきったわ。

     

     

    十里安

    台北市大安區敦化南路二段81巷

     

     

     

     

    シャオチャオも合流する予定だったけど、

    仕事が終わらないとのこと。

    なのでシャオチャオおすすめのマッサージ店の名前と、

    おすすめのマッサージ師の番号を聞き、

    チチちゃんと二人で行くことに。

     

    10時に予約を入れ、それまで散歩。

     

     

     

    チチちゃん、阿姨バッグを使ってくれてる。

    嬉しいわ。

     

     

     

     

    足堂に到着。

     

    足だけのコース500元(約1,850円)を注文。

     

     

    結構混んでる。

     

    私は時折痛くて、リラックスというわけには行かなかったけど、

    チチちゃんは爆睡してメガネを落としていたわ。

     

    でも気持ちが良かった。

     

     

    さあ、明日は本番。

    台湾で初めての似顔絵屋開店よ。

     


     

     

     

     

     

     

     

     

    | '17.09 台灣 島作 | 23:25 | comments(0) | - |
    島作 ー 永晶似顔絵屋

     

    今回は島作というイベントに参加するため

    台北へ。

     

    9月15、16、17日の3日間、

    松山文創園区(松菸)で開催される。

    コーヒー、雑貨、植物、アクセサリー、

    様々なブランドが出店するらしい。

     

    カメラマンのジェニーさんに声をかけていただき、

    似顔絵屋をやることになった。

     

    ここ数日、大型台風が台湾を直撃すると懸念されていた。

    けど問題なく飛行機も飛び、無事定刻通りに松山空港に到着できたわ。

     

    タクシーで建山旅大社へ。

    今回はそこのホテルに4泊、香港ジャッキーの家に2泊する予定。

     

    シングルの部屋はとても狭そうだけど、

    見た目で選んだ。

    台湾レトロ。

     

     

     

    3時のチェックインまで荷物を預け、

    街に繰り出した。

     

     

    予報では今晩台風のピークがくるらしい。

    今のところ降ったり止んだり。

     

    最寄りの雙連駅まで歩いて13分くらいらしい。

    ずっと歩いていると、なぜだか大橋頭駅に着いた。

    なぜだろう?方向が全然違うのに。

     

    大橋頭駅から捷運に乗って

    忠孝復興駅へ。

    いつ大雨が降るかわからないから、

    地下街とかデパートとかある場所の方が安全だと思ったからよ。

     

     

    SOGOのフードコートで滷肉飯セット。

    温泉に浸かっているような美味しさ。

     

    SOGOの中を久しぶりに見て回ったけど、

    いろんな店が変わっている。

     

    忠孝新生駅まで歩いていると

    珈琲屋を見つけ、入ってみることに。

     

     

    水出しアイスコーヒーを注文。

     

     

    中の氷が珈琲豆の形だ。

    凝ってるな。

     

    咖啡弄

    Coffee Alley

     

     

    そろそろ3時になるからホテルに戻ろう。

    朝4時起きだったから、とにかく休みたい。

     

    ホテルの男性にチェックインしたい旨を伝えると、

    日本語で、

    「まだ準備できてません」

    と言うわ。

     

    準備できていないと言うものは仕方がない。

    共用スペースでしばらく待つことにした。

    30分を過ぎても何も言ってこないから

    「已經過了三十分鐘唷」(もう30分も過ぎてるんですけど!)

    と少し怒り気味で言うと

    彼は日本語で

    「でも台湾はまだ2時半です・・」

     

    なんと

    私の携帯のせいであった。

    なぜか自動で台湾時間にならず、

    日本時間のまま表示されていたのよ。

     

    穴があったら入りたい。

    彼には心から謝罪したわ。

     

    そのせいというかおかげで

    30分早くチェックインさせてくれた。

    古い建物を丸々一棟リノベーションした宿に

    エレベーターはない。

    急な階段だけ。

    画材等どっしり入ったスーツケースを

    彼が4階まで運んでくれた。

     

     

    部屋はなるほど、本当に狭かった。

     

     

    シャワーとトイレもテレビも冷房も

    ホテルとしての整備は全て整っている。

    ただとても狭いだけ。

     

     

     

    とりあえず好物の小泡芙をいただいて

    休憩しましょう。

     

    6時半にチェルシーと夕飯を食べに行く約束。

    台風が来るかと心配したけど、

    なんだか平気そう。

     

    待ち合わせしている店は品墨のすぐ近く。

    少し早くホテルを出て、品墨にちょっと寄ることにするわ。

     

    5時過ぎに品墨に到着。

    みんな忙しそうに働いている。

    なんのプロジェクトだろうか、打ち合わせスペースにも人がたくさん。

     

    王さんが、これ見た?と言って地下に連れて行ってくれた。

    地下はアール姐さんの作業スペース。

     

     

    5月に個展をした時のこの巨大広告で

    バッグを作ってくれていた。

     

     

    さすが品墨!さすがアール姐さん。

     

    実は数日前にアール姐さんがメールで写真を送ってくれたから

    このバッグの存在は知っていたのよ。

    早く欲しくて仕方なかった。

    でも姐さん不在だったから、また来ることに。

     

     

    そして待ち合わせの

    Nom Nomへ。

    品墨から歩いて3分くらい。

     

     

    雨も降っておらず、

    チェルシーとデービッドと無事合流。

     

     

    セットを注文したのだけど、

    ボリュームがすごい。

    ベーグル、サラダ、スクランブルエッグ、ポテト、グラノーラ、

    フルーツ、ドリンク。

    食べきれない。

     

     

    あらチェルシー、

    まことちゃんみたいで可愛いわ。

     

    金雞母というかき氷屋さんに行ってみたかった。

    それは東門駅の近くにある。

    デービッドもそこはおすすめだと。

     

    時刻は7時40分。

    金雞母は8時閉店。

    頑張れば行けるのでは?と話し合ったけど、

    入れてもすぐ閉店なので、今日は諦めた。

     

    そして永康公園の横にある

    8%ice 冰淇淋專門店でアイスをいただくことにした。

     

     

    夜アイスを食べるのって最高よね。

     

    それからデービッドの家へ。

     

     

    可愛いイエロー、また会えて嬉しいわ。

     

    snowで激写。

     

     

    チェルシー、とても見応えのある顔になった。

     

    チェルシーには毎回会うたびに、

    新しい言葉を教えてもらうことにしているのよ。

    今回は

    「不許你胡說」

    「いい加減なこと言わないで」

    というような意味。

     

    それを彼女と彼に演じでもらった。

     

    「不許你胡說」

     

    くだらなくて笑いが止まらない。

     

     

    するとデービッドのルームメイトが帰宅。

     

    写真はたくさん拝見していたけど、

    会うのは初めて。

    とても個性的で面白い人ということは、

    写真だけで十分に伝わってきた。

     

    アイドルに会った気分よ。

     

     

    可愛い人だった。

    早速踊ってくれた。

     

     

     

     

    楽しい台北1日目だった。

     

    気分良くホテルに着いたのは

    深夜12時半近く。

     

    エントランスのドアを開けようとしたら・・

    鍵が閉まっている・・!

    カウンターには誰もいないのが見える。

     

    どういうことだ。

    夜鍵が閉まるなんて説明は受けていないわ。

    本当に焦った。

     

    ドアの横にパスワードキーとチャイムがあるが、

    パスワードも知らないし、

    チャイムを鳴らしても誰も出てこない。

     

    本当に焦った。

     

    一か八か、部屋の鍵をパスワードキーの機械に

    かざしてみた。

    すると

    「ピーー」

    と音が鳴り、開錠した。

     

    なんの説明も受けていない!

    本当に焦った。

    入れてよかった。

     

    明日は搬入。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '17.09 台灣 島作 | 23:55 | comments(0) | - |
    Trunk 旅フェス

     

    7月23日(日曜日)

    渋谷のSHOTOGALLERYで開催される旅フェスに参加します。

     

    イラストの展示とイラストグッズを販売する予定よ。

    みなさんこぞって来てくださいね。

     

     

    Trunk旅フェス 〜自分だけの旅支度〜

     

    日時:2017.7.23(SUN)11:00〜19:00
    場所:TRUNK BY SHOTOGALLERY
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-5-4

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | news | 14:39 | comments(0) | - |
    最高のプレゼント

     

    今日はチチちゃんとお昼に約束している。

    先日会った時

    「渡したいものがある。ちょっと作ったものがあるんだよ」

    と言っていた。

    何かしら?

     

    11時半にバイクで迎えにきてくれ、

    後ろに乗せてもらい、出発。

    台北の風を満喫したわ。

     

    1軒のカフェに到着。

    今日はすごく暑い。

    ヘルメットで汗だくになってしまった。

     

     

     

    店の隣はドレス専門洗濯屋かしら?

     

    サンドイッチとかハンバーガーのランチセット。

     

     

    すごいボリューム。

     

     

    チチちゃんはハンバーガーを注文。

    いわゆるハンバーガーの概念とは少し違う、台湾ならでは。

    中身が溢れ出ている。

     

    食後のアイスコーヒーを飲んでいると、

    チチちゃん、林百貨の紙袋を渡してきた。

    開けてみると・・・

     

    わあ!

     

     

     

    私の手ぬぐいにビーズやスパンコールで刺繍を施してくれている!

     

    驚いた。

    コツコツと試行錯誤しながら縫ってくれた。

     

    林百貨でこの手ぬぐいを見た時に、寂しいなと思ったらしい。

    実際の作品には髪の部分が金箔なのに。

     

    そしてきっと手ぬぐいも金にしたかったに違いないと思って、

    縫ってくれたんですって。

     

    感動した。

     

     

    100倍素敵になったわ。

    ありがとうチチちゃん。

     

    店を出て、展示を見に行くべく

    バイクにまたがり品墨へ。

     

    今いる品墨スタッフとチチちゃんは

    面識がないのだけど、

    初めて会ったとは思えないほど

    親戚が話しているような楽しい雰囲気。

     

     

    さあさあ飲んで

     

     

     

    もっとやろう!と言っている。

     

     

     

    王さんが美味しいコーヒーを淹れてくれた。

     

     

    何度見ても素敵だ。

     

     

    外に出て、垂れ幕の前で撮影会。

     

     

    モデルや舞台女優をやっていただけあって、

    カメラを向けるといろんなポーズをとってくれて

     

     

    シャッターが止まらない!

     

     

    撮るのに夢中になっていると、

    仕事の打ち合わせを終えたチェルシーが迎えにきた。

     

    4時には空港に向かわなくてはならないからよ。

     

     

     

    チェルシーは「命」ポーズ。

    「ミン!(命)」と叫んでいる。

     

     

    ホンチャオがお土産にと台湾スウィーツ缶詰を

    全種類買ってきてくれた!

     

     

    緑豆とか花生湯とか、8種類くらいある。

     

     

    このようにアイスにのせて食べたりすると

    絶品なのだ。

     

     

    名残惜しいが、帰らなければ。

     

     

     

    今回も本当にみんなにお世話になった。

    心から感謝申し上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '17.05 品墨イラスト展 | 23:53 | comments(0) | - |
    DM配りに行く

     

    DMが刷り上がっているのに

    持ち歩くのをすっかり忘れてしまっていた。

    行く先々で置いてもらおうと思っていたのに。

     

    今日こそ持って周ろう。

     

    ホテルを12時にチェックアウトし、品墨へ。

    DMを持って再出発。

    雙連駅にある本屋「田園城市」と

    富錦街に行こうと思う。

     

    しかし今日は暑い。

    かき氷が食べたくてたまらない。

     

    東門駅に行く途中にあるかき氷店 思慕昔に寄ろうと

    思ったら、みんな考えることは同じ、大行列だわ。

    諦めて果物屋でミックスジュースを買い、

    雙連駅の雙連圓仔湯まで我慢することにした。

     

     

    メニューを見て迷っていると、

    隣の席に座いた女性が「説明しましょうか?」

    と流暢な日本語で声をかけてきた。

     

    油餅がおすすめだというので

    それを注文。

    きな粉餅のようだけど、まぶしてあるのは

    ピーナッツ粉と黒ごまと砂糖。

     

    かき氷のトッピングは

    緑豆と花生(ピーナッツ)と湯圓(白玉)に。

     

    体の熱が取れたところで田園城市へ。

     

     

    出版社兼書店。中にはギャラリーもある。

     

     

     

    国内外のZINEや、雑貨なんかも置いてある。

     

    奥にいたオフィスの女性に、DMを置いてほしい旨を伝えると

    快諾してくれた。

     

    そこからタクシーで富錦街へ。

    Fujin Tree 355へ入り、レジにいた女性に

    話しかけると、

    「日本の方ですか?」

    と日本語で返ってきた。

     

    Fujin Treeのオーナーだった。

    日本人ということは知っていたけど、

    顔は知らなかった。

    とても上品な女性で、DMを快く受け取ってくれた。

    「隣のカフェのスタッフにも言ってもらえれば置きますよ」

    とのことなので

    すぐ横のカフェ Fujin Tree 353 Cafeへ。

     

     

    レモンケーキとコーヒーを注文。

    ここでは珍しい阿里山コーヒーもいただける。

     

    そこからさらに進むと

    Fujin TreeグループのHaveAnice…479がある。

    「カキモリ」「D-BROS」等、日本の商品を扱う雑貨屋。

     

     

    カウンターの女性に声をかけると、

    また日本の方だった。

    DMを渡すと、見にきてくれると言ってくれた。

    どなたもみんな親切だわ。

     

    気がつくともう午後4時。

    フロントに預けてあるスーツケースを取りに

    ホテルへ戻り、そのままクッキーは空港へ。

    6時の便で帰国。

     

    今晩はチェルシー&ジャッキーの家に一泊。

    スーツケースを持ったまま品墨へ。

     

    5時過ぎにアニタがまた来てくれたわ。

    永樂市場では見つけることができなかったテーブルクロスを

    探して、似たような柄のものを持って来てくれた。

    とてもレトロな台湾のテーブルクロス。

     

    アニタは会うたびに台湾レトロをプレゼントしてくれる。

    なかなか手に入らない台灣啤酒のグラス、

    ガラスのお皿、お茶碗、コースター・・等。

    いつも本当に感謝しているわ。

     

    そしてアニタの作品まで。

     

     

    イヤリング。

    本物のお花でできている。

     

    アニタのお花で作った作品はどれも繊細で美しい。

    天使に見えてきた。

     

     

    早速付けてみた。

    アニタの作品が似合うような透明感を身につけなくてはいけない。

     

     

    アニタとホンチャオと色々な話で盛り上がっていると、

    あらもう7時になる。

    携帯を見るとチェルシーから着信が。

    「どこにいるの?お腹が空いて耐えられない」

    とメールがきていた。

     

    6時過ぎに永康街の建築会社で働いているブレッドが

    展示を見にきてくれるはず。

    すると残業でまだ退社できないとの連絡。

    今回は会えなくて残念だけど、仕方がない。

     

    スーツケースをタクシーに乗せ、

    チェルシーたちが待つ食三食堂へ。

     

     

    ここはチェルシー&ジャッキー行きつけの食堂。

    美味しい家庭料理が食べられる。

     

     

    私が着いた時には、みんな食べ終わっていた。

     

     

     

    カレーを注文。

    牛肉がたっぷり入っている。

     

    チェルシーたちは唐揚げ、コロッケ、デザート、

    続々と追加注文。

    お店もサービスでお多めに出してくれる。

    よく食べる、見ていて気持ちがいい。

     

    家に帰ると、シャオウェイがお茶を淹れてくれた。

    シャオウェイの仕事は果物園の経営。梨山茶も作ってるわ。

    だからお茶には詳しい。

    7月にはお茶の試験が控えている。

     

     

    試験内容を聞くと、

    4つの器に入った水が出てくる。

    その中にはそれぞれ分量の違う塩が入っている。

    それを飲み分ける。

     

    筆記試験の他にも、こんな問題もあるらしいわ。

    難しそうね。

     

     

    そしてオセロ大会が始まった。

    2月に台南に行った際、香港ジャッキーと

    電車の中で何試合もしたけど、ほとんど負けなしだったわ。

    「こわい女!」

    と何度も叫んでいた。

    けど今日はどういうわけかしら、

    いきなり1試合目で香港ジャッキーに負けを許した。

    学習能力が高いとは思っていたけれど、本当に進化が早い人だ。

    恐るべし。

     

    全員で何試合したかわからないくらいやった。

    きっと指に豆ができてるはずよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | '17.05 品墨イラスト展 | 23:51 | comments(0) | - |